40代で転職する看護師はいますか?

40代でも転職する看護師は多くいます。40代で看護師が転職する理由は、家庭環境であったり職場の環境、また人間関係であったりすることが多いです。

子供のことや夫の転勤、親の介護に関することなど、個々の看護師の様々な家庭の事情があります。年齢的にみると、40代は看護師長や看護主任の時期ですから、役職についている看護師は転職しにくいかもしれませんね。

しかし、役職についていない看護師の場合には、40代でも自分の理由により転職することに問題や不都合を感じることはないでしょう。同じ職場に長く勤務することで、給料は少しずつアップしていくかもしれません。

しかし収入面では、高額支給している医療機関は少なくないのです。「条件の良い職場で勤務したい」と考えることは、看護師に限らず普通のことです。

看護師が40代で転職する利点は?

40代の看護師の場合には、ある程度経験をこなしていますからどんな職場でも対応しやすいかもしれませんね。コミュニケーション能力も、長年の経験からすぐれているでしょう。

転職してもその転職先の医療機関で、ベテラン看護師として重宝されることは大いに考えられることです。

ただ年齢がいけばいくほど、一般的に新しいことに挑戦することを好まない人が多いということも確かです。40代で転職する利点は少なくはないですが、転職の一歩を踏み出す勇気を持っている人はそれほど多くないかもしれませんね。

「今の職場の人間関係にホトホト嫌気がさして、仕事をする意欲も無くなってきた」など具体的な理由のある看護師の場合には転職しやすいでしょう。

また忙しい職場に勤務していて「このまま仕事を続けると、間違いなく身体を壊してしまうという」という場合なども転職を考えるべきでしょう。

40代で転職すると、給料面ではその経験を考慮されるので、高額になることはあっても低額になることは少ないでしょう。

新たに就職する時には、転職サイトで給料について詳しく確認すると良いですね。夜勤の有無やその手当について、時間外勤務の有無や時間外手当についてなど詳しく調べることができます。

看護師が40代で転職するときの注意点は?

40代はまだまだ若いですから、福祉施設などでの介護中心の業務でなくても大丈夫です。身体的にも精神的にも能力はそれほど衰えていないでしょうから、医療機関や救急病院でも大丈夫でしょう。

緊急時の対応も、適切に行うことができるでしょう。それらの経験がなくても指導されることで、まだ習得できる年齢です。

若いころと違って習得に、少し時間がかかるかもしれませんが、若い人よりも一生懸命さを買われるということもあります。40代で転職する人は、それだけの覚悟をしています。

また、そう何度もやり直しは聞かないと考えますから、物事に対して一生懸命行うのです。ただ、どんどん年齢がいきますから、用心をして忙しくない職場に転職するということも一つの方法ですね。

「中年だからもう落ち着いて、看護の仕事に取り組みたい」と考える看護師もいるかもしれません。自分自身の看護に対する考え方を尊重して、その考えに合わせて転職場所を選択すると良いでしょう。

40代ですから、自分よりも年下の看護師長や看護主任のもとで働かなければならないこともあるでしょう。職場で、自分の意見を強く主張することがあるかもしれません。

協調性を持ったり、他のスタッフの意見を受け入れることを忘れずにいると、職場のスタッフにも受け入れられるでしょう。

自分の正しいと考えていることがいつも、正しいことであるとは限らないのですね。自分の主張の間違いを、時間が経過してから、後でわかることもあるのですね。

間違ったことを主張し、後で恥ずかしい思いをしたことが、私も何度もあります。転職後は「人の意見を受け入れない頑固な人だ」と決めつけられないように、柔軟に対応することも必要ですね。

転職サイトランキングを見る