看護師が50代で転職する利点はありますか?

50代で転職する利点は、あまりないかもしれません。ただ環境の合わない職場で、無理をして長く働き続けると精神的肉体的に支障が出てくるとも限りません。

無理をして体を壊すことを考えると、自分の気持ちに正直に行動するということは大切です。50代になると「夜勤や時間外勤務、休日出勤が若い時よりもつらくなってきた」と感じる人が多くなるかもしれません。

若い時には「子育ての為に夜勤が苦痛だ」と感じるのですが、50代になると「自分の身体的理由の為に夜勤が苦痛」になってきます。

身体の為には、50代で転職することは利点だと言えるかもしれませんね。老人福祉施設などの介護系に転職することで、個々の患者さんと落ち着いて接することができます。

せわしなく走り回ることもないでしょうし、急変時の対応をすることも少ないでしょう。50代の看護師にとっては働きやすい職場になるかもしれませんね。

働きやすい職場で、退職までの時間をゆっくりと過ごしたいという考えもあります。

50代で転職する看護師はいますか?

50代になると、もう少しで退職なのですから、できることなら同じ職場で仕事を続けたいと考える看護師が殆どでしょう。

しかし、自分を取り巻く家族とか職場環境など、いろいろな理由で50代でも止むを得ず転職する看護師はいます。同じ病院内でも、毎年移動があります。

病棟など部署が変わることにより、業務内容も患者さんの層も、スタッフとの人間関係もそれまでとはガラリと変わってしまうのです。

職場の環境は、看護師の仕事への意欲の増減にすごく影響します。移動による環境の変化により、人間関係を良好に保つことができなくなる場合もあります。

そのことは、仕事に対するやる気を一気になくしてしまう原因になることがあります。50歳にもなっているのですから、本来であれば「今更、転職をしたくはない」という思いが強いのです。

歳をとってから新たに仕事を覚えるのは、時間もかかり大変な作業や労働なのです。しかし「そのたいへんな作業よりも、この環境から抜け出したい」と考える看護師もいるでしょう。

転職することで、それまでの収入よりも少なくなると考えがちです。しかし、収入面で低額ならない職場を探すこともできます。

夜勤をしなければ、その分の手当てがなくなるのですから収入が少し低額ななったとしても総合的には問題がないという場合もあります。

看護師の収入は、社会的にもそれほど悪くはないのですから、50代で転職したとしても生活に困るということはないのです。

看護師が50代で転職するときの注意点は?

50代で転職する場合には、救急患者さんの多い医療機関は適していないでしょう。転職する看護師は、その医療機関に長く働いていて、いろんな経験を積んで50代になったという看護師とは違います。

全て初めてのことを、新たに経験しなければならないのです。若い時とは異なり、適応能力や対応能力も衰えているのです。

コミュニケーション能力は優れていたとしても、行動が伴わなければ「口ばっかりの人」というレッテルを貼られてしまいます。

50代で転職する時には、その年代の精神的肉体的能力に見合った職場に勤務しなければならないでしょう。

救急病院のように忙しい病院は不向きでしょう。福祉施設など医療よりも介護を重点的に行っている職場が適しています。

クリニックなどに勤務すると、不規則な病院勤務と違いますから、規則正しい生活ができるでしょう。

クリニックの診療科にもよりますが、比較的小さな医療機関なので、精神的肉体的にも楽に勤務することができるかもしれませんね。

夜勤の無い職場の方が、身体に対する負担が少ないので長く勤めやすいでしょう。また、時間外勤務や休日出勤の無い職場の方が良いですね。転職サイトで労働条件などを詳しく調べて自分に適している職場を探すと良いですね。

転職サイトランキングを見る