看護師はAEDを使用しますか?

病院などに勤務している看護師は、患者さんがAEDを必要とするような状態に陥った時には、患者さんが急変した事実について先ず医師に報告しなければなりません。

病院に勤務している時には、医師の指示のもとに行動をしますから、自分の判断でAEDを使用するという経験を持つ看護師は本当に少ないでしょう。

AEDを準備するように指示されて、そのあとも医師の指示に従った介助をすることになります。

病院などで勤務していない時には、医師の指示のもとに行動する義務がなくなりますから、一般の人と同じようにAEDを使用することができます。

しかし、たまたまそのような事態に遭遇しない場合が多いですから、AEDを使用した経験のない看護師が殆どなのです。

最近では一般の社会人も、地域や職場などでAEDの講習を受講する機会が増えています。

偶然AEDを使用しなければならない事態に遭遇した経験のある人の方が、看護師よりも素早い行動をとることができるという場合もあり得るでしょう。

人が倒れている時に、そばに近よることについて恐怖に感じる人は少なくないでしょう。

一歩使い方を間違えて、人の命に直接関わることになったらと考えた時に、勇気を出して実行できる人は多くはないでしょう。

AEDを使用できる人は、勇気や正義感のある人と言えるかもしれませんね。

しかし、倒れてしまった本人の立場に立つとき「誰でも良いから、私の命を救ってほしい」と考えます。

その時の為のAEDなのですから、勇気を出して使用しましょう。何時人助けの時に直面するかもしれないのですから、もちろん講習は受講しておくべきでしょう。

看護師がAEDを実際に使用していないのはなぜですか?

看護師は病院などの職場で、AEDの使用方法について講習を受けます。使用方法について学ぶのですが、実際に医師の指示なしに看護師が自己判断で院内で使用することはないです。

看護師が職場でAEDを使用すると、医師法に反する場合もあるので要注意です。

例えば、患者さんが急変した場合に看護師は医師に連絡します。医師が来て患者さんを診察し、除細動だと診断した場合に、AEDを持ってくるように看護師に指示します。

看護師は急いでAEDを準備し、その後医師が患者さんにAEDでショックを与えるという具合です。

しかし、来院した外来者が患者さんが倒れているところを発見した場合には、すぐに自分でAEDを使用して患者さんにショックを与えても良いのです。

何となく矛盾した感じもありますが、現在のところAEDの使用に関して院内では、このようになっている医療機関は少なくないでしょう。

一般社会の中で、AEDを活用しなければならない場面に遭遇した時に、看護師としてAEDを使用することができなければ不自然です。一般の人たちは、看護師であれば当然AEDを使用できるものだと判断するでしょう。

看護師は、院内ではAEDの使用に関して医師の補助をする立場であるかもしれません。

しかし、医療の職場以外ではAEDを自分で使用する場合もありますから、その為に院内講習を受講しておくと良いでしょう。

看護師はAEDの研修を受けていますか?

職場によって異なりますが、多くの医療機関では看護師だけでなく病院内で勤務している職員すべてに対して、AED講習の受講を義務付けているでしょう。

AEDに関しては、事務員も医療職員も関係なくすべての職員が使用できなくてはなりません。

しかし、看護師の場合AEDの講習を受けていても、院内では自己判断で使用できないという事実があります。

AEDに関する講習は医療現場でなくても、他の多くの会社や公的機関などで開催されています。

AEDは、郵便局や学校、市役所などの施設などによく置かれていますが、誰でもが使用できなければ意味がありませんね。

多くの人がAED講習に参加して、AED使用を躊躇なくできるようにしておくと「助かるはずの命を無くしてしまった」ということも無くなるでしょう。

転職サイトランキングを見る