看護師のIターン転職とは何ですか?

看護師のIターン転職って何?と聞かれて、あなたは答えられますか?普通の転職と、どう違うのでしょうか?

Uターン転職は、自分の出身地に戻って働くことを言いますが、Iターン転職は出身地ではない地域に行って生活することを言います。過疎化の進んだ山村や漁村に移り住むことなどがIターン転職です。

看護師であれば、例えば、病院などがなく診療所のみの山村などに移り住み看護師として働くことを言います。嫌々出向いて移り住むのではなく、好んで看護師が自分の好きな地域に行きその地域で看護師の仕事をするのです。

その地域が、僻地であったり離島である場合もあるでしょう。それぞれが自分の好む地域での職場に看護師としてIターン転職していくのです。

看護師でIターン転職を希望する人はいますか?

看護師がIターン転職を希望するのは、どんな時なのでしょうか?

都会の看護師生活に疲れて、少しゆっくりしながら働きたいと考える看護師などはIターン転職をするかもしれませんね。

進んだ医療機関で働いてきた看護師は、その経験を活かして医療の進んでない地域で働きたいと考えるかもしれませんね。

看護師の仕事を通して社会に貢献することを希望する人もいるでしょう。それぞれの看護師の看護に対する考え方によって、Iターンを決心する看護師もいるということです。

Iターン希望者のために、生活に必要な様々な好条件を用意している地方自治体もあります。

例えば看護師に格安で住宅を提供するとか、無料で住宅や土地を提供するなどの特典があると、すぐに生活できるのでIターン転職しやすいという利点があります。

教育や医療費を無料にするなど、いろんな地域の特産物を活かした特典などを準備してくれているところもあります。

自分の住んでみたい地域の中でも、移住するのに適した特に条件の良い地域を選択することは大切なことです。

もちろん自分の考えている医療や看護ができることが目標ではありますが、自然の中で生活に潤いを持たしたいなど、趣味や生活を基本に考える看護師もいます。

たとえばマリンスポーツが趣味の看護師が、そのことをしながら仕事もし生活していきたいと考える場合、沖縄や離島での生活を希望するかもしれません。

そこでは大きな病院はないでしょうが、看護師として地域の人たちに溶け込み、医療や看護を提供したいと考えているかもしれませんね。

Iターン転職を考えるとき、看護師の趣味などを重ね合わせて考えることが少なくありません。また、自分の看護に対する考え方を大切にして実践していきたいと考える看護師は、Iターン転職に魅力を感じるでしょう。

看護師がIターン転職をする時、転職先はどうやって探しますか?

看護師がIターン転職を実践したいと考える時には、看護師転職サイトで自分の好みの地域での看護師求人を探してみましょう。

その地域ではどのような医療機関があるのか、まず病院そのものが存在するのか、診療所だけであればどれくらいの距離の離れたところに病院があるのかなどを調べます。

急に手術が必要な患者さんがいた場合には、病院のある地域まで患者さんを搬送する可能性もあるからです。住人はどれくらいで、往診をする場合にはどれくらいの距離まで行うことになるのかなど細かな情報を入手します。

それらの情報を比較し、もっとも自分に適している地域にIターン転職することになりますから、情報はIターン転職を考える基準になります。

住宅環境はどのようになっているかについても知っておくと良いです。もちろん都会ほど便利であるはずはないのですが、最低ラインの食物の確保はしなければなりません。

その地域に医師が存在するか否かは大切なことです。医師が不在の地域では、看護師の責任は重く、また看護師の決断が大きな意味を持ってきます。

多くの経験を積んで、医療全般にわたり知識が豊富なベテランの看護師に適しているかもしれませんね。

インターネットで患者さんの情報を医師に伝え指示を仰ぐということもできますが、そのことを自分が納得できるかについても看護師がIターン転職を決断するうえで大切なことです。

Iターン転職する地域によっては、それほど医療について重くとらえず、趣味を重視しながら働きたいという考えで実行しても十分通用する地域もあります。看護師転職サイトで詳しく調べてみましょう。

転職サイトランキングを見る