看護師がUターン転職する時はどんな時ですか?

看護師がUターン転職を考える時は、心の休まる間もなく仕事に明け暮れる期間が長いと、一休みして心も体もリフレッシュしたくなる時があります。

そんな時は「故郷でのんびとしながら働きたいな」という考えが頭をよぎります。無理をして働いていると、身体的にも精神的にも病んでしまうことがあります。

看護師が一休みしながらゆっくりと生きてみようと考えるとき、または心機一転やり直してみようと考えた時は、Uターン転職も一つの方法です。

親の健康状態が悪くなった時にも、Uターン転職を考えます。地元に戻り親のそばにいることで、病気の親も自分も安心できるからです。

夫のUターン転職に合わせて、看護師である自分も夫の地元でのUターン転職を考えることもあるでしょう。

または、独身の看護師であれば親に呼び戻されて結婚を勧められることもありますね。その時も、看護師を辞める気がなければ、Uターン転職して看護師として働き続けるでしょう。

結婚を機に、子育てを両親に手伝ってもらうことを目的にUターン転職を考える看護師もいます。

「やはり子供は地方でのびのびと育てたい」と考えている看護師も少なくないのです。それぞれの看護師の家庭の事情により、Uターン転職する理由はさまざまですね。

看護師がUターン転職をする時、転職先はどのように探しますか?

看護師がUターンして地元へ戻る場合、親がすでに、知人などの紹介で就職先を準備してくれている場合があります。

なんといっても地元へ戻るので、自分の知人や友人もいるわけですから、ツテをたどって就職するということは結構あるでしょう。

わざわざハローワークで探す人は少ないかもしれませんね。しかし「知人や親に頼りたくない、自分で就職先を決めたい」という看護師には、看護師の転職サイトを利用すると良いです。

自分の希望する勤務条件に合った転職先を簡単に探すことができます。勤務したいと考えている地域や、勤務条件などを記入するだけで、条件に合った医療機関を無料で教えてくれます。

興味のある病院などが見つかった場合には、詳しく転職サイトのコンサルタントに聞くことができます。

看護師のUターン転職を支援する職場はありますか?

看護師のUターン転職を支援してくれる転職先はあるのでしょうか?

大都市圏の病院には、地方出身の看護師が多く就職しています。専門性の高い医療機関でスキルを磨き、地元の病院でその経験を活かし地域に貢献したいと考えている看護師は少なくありません。

そのために、学校を卒業し資格取得すると、地元ではなく都会の病院に就職する看護師もいます。

東京女子医科大学病院では、スキルを磨いた看護師がUターン転職し地元に戻ることを支援しています。同病院の在職経験者で、全国規模のネットワークを構築するという目的を持っているのです。

そのためにキャリア形成プログラムが用意されています。

地方の医療機関では、都会の医療機関よりも看護師不足が深刻ですから、どこの病院でも看護師の確保に真剣です。

地元の病院では、都会から転職してくる看護師のために引っ越し代を全額負担している病院もあります。

Uターン転職を支援している病院に就職すると、支度金を支給してくれるところもあります。Uターン転職を考えている看護師は、費用の面での負担もなく安心して転職できるということです。

「Uターン転職はしたいけれども資金がなくてできない」という心配はいらないのです。地元の病院は多いですから、どの病院がUターン転職を支援しているか、都会で働いている看護師にはわかりませんね。

看護師転職サイトで調べてもらうと全てわかるので、地元に戻り自分で調べる手間が省けます。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る