終末期患者の看護について。

終末期の看護は難しいですが、関わる看護師はやりがいと充実感があります。

ターミナル病棟の看護師は、終末期の患者さんを精神的に支えなければなりません。

終末期看護に携わる看護師は、後悔なく看護出来るよう最善を尽くして患者さんに接します。

患者さんが満足して人生の最後を送る事が出来るように援助するのです。

患者さんばかりでなく、精神的疲労は大きいです。

患者さんの肉体的苦痛と精神的苦痛の両方にかかわるのです。

まずは患者さんが人生でやり残したことをするために、患者さんの痛みを軽減するか除去することをしなければなりません。

痛みがあっては生活の事を考える精神的ゆとりが生まれないからです。終末期看護は看護師としては特に難しい仕事です。

終末期患者さんに適した場所について。

終末期を自宅で迎える事を希望する患者さんは多いです。

最後の時を、自宅の住み慣れた場所で家族と共に過ごしたいと考えるのは当然かもしれません。

病室で終末期を迎える患者さんもいます。ターミナル病棟ならまだ良いのです。

一般病棟で終末期を迎える事は、看護師が終末期看護に慣れていないせいもあり、患者さんが適切な看護が提供してもらえるか否かは難しいです。

一般病棟は、慢性期の患者さんの看護に忙しく、終末期の患者さんが適切な看護を受けられない可能性があります。

個人的には患者さんの希望をかなえる意味でも、自宅での療養を勧めたいです。

家族の看護は大変かもしれません。家族を精神的に支える訪問看護師の役割は大きいです。しかし患者さんの最後の希望はかなえたいです。

終末期患者さんの看護を十分できる職場とは。

終末期の患者さんを支える事を仕事にしたい、と考える看護師が選択する職場はあります。

ターミナルケアを専門にする病院や、訪問看護センターなどで終末期患者さんの看護が出来ます。

看護師求人転職サイトに登録するとよいのです。

自分の働きやすい職場を早く見つける事が出来ます。

終末期の看護も心残りなくできる職場が見つかります。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る