総看護師長の仕事は何ですか?

看護師の一番トップの位置にあるのが総看護師長です。

殆どの病院には総看護師長がいますが、クリニックなどでは看護師だけで総看護師長はもちろんいません。

病院には沢山の看護師がいます。その上には看護主任がいてその上には看護師長がいます。各病棟の看護師長を束ねているのが、総看護師長です。

総看護師長は、人事や規約のこと、看護師の業務についてなど看護に関する事全般に渡り責任を持たなければなりません。

一度総看護師長になると、退職するまで総看護師長を辞する事はないのです。

全ての看護師から、総看護師長である事に対して尊敬の目で見られるでしょう。

総看護師長は、職場や職場外の人間関係は当然ですが、地域や社会的にも幅広く活躍する機会が多くなります。

多方面に出かけていき、多方面の人たちとコミュニケーションをとる機会が増えます。

そんな環境と立場にいるのですから、人間として益々成長できるのも当然の事です。

会議の議長や司会は、総看護師長が行う場合が多いです。当然、院長などからの信頼も厚く、総看護師長の職場での役割は大きいです。

総看護師長とスタッフとの関係について。

総看護師長の仕事の一つには、他の看護師長とも相談しながらですが、病院全体としての看護方針を考えて決めるという事があります。

また、毎年看護師の採用や人事を行う為に権限を発揮します。

新人看護師の教育指導についての計画を立てる仕事もあります。

また現場では、看護師のトップという事で、患者さんや家族と接しなければならないこともあります。

とにかく病院の大事な場面ではいつも存在していなければならないのです。

総看護師長は、他の外来者からすると病院の顔という事になるのです。総看護師長の印象や接遇が、すぐに患者さんや家族により病院のランクづけに影響してくるのです。

総看護師長は常に、全ての面について意識した言動を行わなければならないのです。

その責任の重さに対して、精神的に苦痛になることもあるでしょう。

しかし、与えられる社会的地位と、経済的安定の為には少々の精神的苦痛は、当然追わなければならないのです。

総看護師長の人間性としては、他の看護師たちに尊敬される事が望ましいですね。

総看護師長の人間性について。

総看護師長としての社会的地位がありながら、その人間性に対しても尊敬の念を持たれる総看護師長は一般的には少ないでしょう。

表面的には総看護師長として敬った態度をとってはいても、心の中では人間として尊敬できない点も必ずあるでしょうね。

人間ですから、また完璧な人はいないでしょうから、それが普通のことなのかもしれません。

総看護師長には行動力や判断力、コミュニケーション力にリーダーシップ力、さまざまな能力が要求されます。

大勢の職員の中から選ばれる総看護師長です。ただ経験年数があっても、そのような責任のある位置に選ばれる事はまずありません。やはり院長からの絶大な信頼を得て辞令を受けるわけですから、それ相当の人材だという事にはなりますね。

総看護師長に目をつけられると、勤務異動ばかりさせられることにもなりかねません。

総看護師長に気に入られない為に、毎年勤務異動を命じられる看護師もいたのです。

その不運な看護師は、ある会議に出席した際に、総看護師長に同意しないような発言をしてしまったのです。

その事が原因で、病院でも「またあの人移動だわ」と他の看護師たちに気の毒がられる程に、勤務異動回数が多くなってしまったのです。

看護師も正直なだけでは、取り返しのつかないひどい目にあってしまいます。

他の看護師同様に、総看護師長には反抗せずに頷いている方が、自分の看護師人生の為には良いかもしれません。

そんな風に後悔することのないように、入職する前には総看護師長の人間性などについての情報も得ておきたいものです。

尊敬できないような総看護師長であると考えられる場合には、その医療機関に就職することについても熟考が必要でしょう。

転職サイトランキングを見る