美容皮膚科の看護師になりたい人は仕事内容やメリットを知りましょうね

美容皮膚科の看護師になりたいのですか?美容皮膚科の看護師になるなら、仕事内容ややりがい、メリット・デメリット、、向き不向き、求人選びの注意点を知っておく必要がありますよ。

美容皮膚科の看護師の仕事内容ややりがいは何でしょうか?

美容皮膚科の看護師の仕事内容ややりがいを説明しますよ。

美容皮膚科の看護師の仕事内容

美容皮膚科の看護師の仕事内容は、脱毛用のレーザーの照射や採血、静脈注射、点滴などが多いですよ。

美容皮膚科ではオペは行いませんが、レーザー脱毛は行われています。

これは、美容外科を除くほかの診療科にはない美容皮膚科特有の看護師の仕事ですね。また、美容点滴などを行う患者が多いので、静脈注射や点滴も美病皮膚科では良く行う仕事ですよ。

もう1つ、美容皮膚科で行う仕事内容に、営業があります。

これはどこの美容皮膚科でも行うものではありませんが、美容皮膚科独自の化粧品を患者さんに勧めたり、違う部位も脱毛するように勧めて、営業することがありますね。

これは、美容皮膚科は自由診療であり、患者さん=お客様という位置づけなので、看護師も営業を行って、クリニックの売り上げを伸ばすようにするのですよ。

美容皮膚科の看護師のやりがい

美容皮膚科の看護師は、患者さんの病気を治す手伝いをするわけではありません。だから、やりがいはいまいち感じないという人もいますが、そんなことはありません。

美容皮膚科に来る患者さんは外見にコンプレックスを持っていて、もっときれいになりたいという希望を持っています。その希望を叶えて、患者さんを笑顔にして、前向きにすることができれば、看護師としてやりがいを感じることができますよ。

美容皮膚科の看護師のメリットをお話しますよ

美容皮膚科で看護師が働くメリットをお話しますよ。

自分もきれいになれる

美容皮膚科のメリットの1つ目は、自分もきれいになれることです。最新の美容情報モテに入りますし、施術を格安で受けることができます。

給料が高い

美容皮膚科で働くと給料が高いこともメリットの1つです。美容皮膚科は自由診療なので、看護師の給料も一般の皮膚科に比べると高めです。月給30万円前後が目安で、ボーナスもたっぷり出ることが多いですね。

日勤のみの勤務

美容皮膚科での勤務は、日勤のみになります。規則正しい生活を送ることができますから、肌荒れもしにくくなりますし、プライベートも充実しやすくなります。

美容外科よりハードルが低い

美容皮膚科で働くメリットには、美容外科よりもハードルが低いこともあります。美容外科はオペを行いますので、オペ介助の仕事をしなくてはいけません。

オペ室勤務の経験がない看護師は、美容外科で働くのに躊躇してしまうこともあると思いますが、美容皮膚科ではオペ介助の仕事がないので、気軽に働くことができるのです。

美容皮膚科の看護師のデメリットは何でしょうか?

美容皮膚科の看護師のデメリットを考えてみましょう。

病棟に戻りにくくなる

美容皮膚科のデメリットは、病棟に戻りにくくなることです。美容皮膚科では注射以外の病棟で使うような医療行為、看護スキルはあまり使いません。

そもそも、患者さんは病気があるわけではありませんね。そのため、美容皮膚科で長年働いていると、スキル的に病棟に戻りにくくなるのですよ。

人によってはやりがいを感じない

美容皮膚科のデメリットの2つ目は、人によってはやりがいを感じないことです。患者さんのコンプレックスを治して、笑顔にさせることで、やりがいを感じることができます。

でも、人によってはやはり病気の人の看護をしないと、看護師としてのやりがいを感じないのですよ。

接客業のようでなじめない

美容皮膚科では患者さん=お客様ですので、接客業のように接する必要があります。また、クリニックによっては営業しなければいけないこともあります。

そうすると、今まで一般の医療機関で働いてきた看護師は、美容皮膚科での接遇・営業になじむことができないのです。

美容皮膚科の看護師の向き不向きを確認しましょう

美容皮膚科の看護師の向き不向きを確認しましょう。まずは、向いてないタイプからです。

<美容皮膚科に向いてないタイプの看護師>

・営業が嫌

・看護はサービス業ではないと思っているタイプ

・病気の人を看護しないと、やりがいを感じない

<美容皮膚科に向いているタイプの看護師>

・美容に興味がある

・日勤のみである程度稼ぎたい

・患者さんを笑顔にすることにやりがいを感じる

美容皮膚科の向き不向きを説明しましたが、一番大切なことは美容皮膚科で働いてみたいという気持ちですよ。

美容皮膚科の看護師になるなら、求人選びの注意点をお話しますよ

美容皮膚科の看護師になるなら、求人選びの注意点を確認しておきましょうね。

保険診療はやっているかどうか

まずは保険診療はやっているかどうかを確認しましょう。美容皮膚科の中には保険診療の一般皮膚科の診療を行っているところがありますよ。

保険診療も行っているところなら、病気の人の看護もできますので、やりがいを感じやすくなると思います。

営業はあるかどうか

営業があるかどうかも確認しましょう。営業があるかどうか、またノルマがあるかどうかは、クリニックによって異なります。

営業があると給料が高くなることは多いですが、精神的なプレッシャーがありますので、営業があったほうが良いかどうかを考えて決めましょうね。

美容皮膚科の看護師になりたい人のために、仕事内容ややりがい、メリット、デメリット、向き不向き、求人選びの注意点をまとめましたよ。

美容皮膚科で働きたい人は、転職支援サイトを使いましょうね。

転職支援サイトなら、美容皮膚科の求人をたくさん扱っていますし、担当のコンサルタントが保健診療の有無や営業の有無を調べてくれますので、あなたに合った美容皮膚科の求人を探してくれるのです。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る