認定看護師とは、まだまだ少ない存在ですね

認定看護師の数は圧倒的に少ないです。

私の勤める病院には一人もいません。

認定看護師は、日本看護協会に認定された看護師のことをいいます。

特定の看護分野で、熟練した看護技術と知識があることを認められた看護師です。

認定看護師の認定審査は、毎年1回、日本看護師会が実施します。

その審査に合格すると登録申請をして、認定看護師として認定されます。

認定看護師とは・・・医療分野は、色々ありますよ

認定看護師の医療分野は、次のようになります。

救急看護、創傷、オストミー、失禁看護、重症集中ケア、ホスピスケア、がん化学療法看護。

訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊看護、新生児集中ケア、透析看護。

手術看護、乳がん看護、小児救急看護、認知症高齢者看護など、実に様々です。

認定看護師になるための筆記試験では、20~30問程度の、120分の試験を受けます。

認定看護師になると、多くの看護師が、昇給ということになるようです。

認定看護師とは・・・資格を取るには働きながらは厳しいです

認定看護師になるには半年ほど勉強に専念しなければならず、働くことができません。

退職しなければならないこともあります。

半年間ほど都会にいて勉強しなければならないからです。

地方から都会へ単身赴任するということになります。

子供を持っている母親の看護師には厳しい条件での勉強になります。

働かないので再就職できれば良い方です。

認定看護師の資格を希望する看護師に、病院側が援助してくれる場合もあります。

収入などの面でサポートしてくれるので、休職中も給料を支給してくれる病院もあります。

認定看護師とは・・・あなたの資格取得をサポートする職場に

今後転職と同時に、認定看護師としての資格を目指したり、認定看護師としての職場を探す看護師も増えてくることでしょう。

認定看護師の需要が高まると同時に認定看護師に対する待遇を良くする病院も増えることでしょう。

看護師転職サービスのサイトで、資格取得のサポートをしてくれる職場を探すこともできます。

自分の希望する勤務条件を、看護師転職サービスのサイトに伝えておきます。

転職サービスのサイトでは、数ある病院の中から、あなたが希望する職場を探してくれるのです。見つけて知らせてくれるのです。

早速あなたも無料登録してみませんか?

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る