認定看護師と専門看護師の違い、わかりますか?

社会の中では専門看護師と認定看護師の違いがわからない人は沢山いると思います。

それほど、どちらも新しい用語であり、違いがわからないどころか認知度も低いと思います。

看護師の中にも、専門看護師と認定看護師の違いが分からない人は大勢います。

認定看護師というのは、特定の看護分野で熟練した技術と知識を持っている看護師のことです。

認定看護師は高い水準の看護の仕事をします。

認定看護師と専門看護師の違い①

専門看護師とは、個人や家族、集団に対して、水準の高い看護ケアを、効率よく行うために、特定の専門看護分野の知識や技術をもつ看護師のことです。

専門看護師は、日本看護協会専門看護師認定試験に合格して、ある特定の専門看護分野の高い能力があることが認められた看護師になります。

専門看護師の仕事は、個人や集団に対して高い看護を行うだけではありません。

専門の看護分野で、看護職者を含むケア提供者に対してコンサルタントを行ったりもします。

必要なケアが円滑に行われるように、保健医療福祉に携わる人々のコーディネーションもします。個人や集団の権利を守るために倫理的な問題の解決を図ることもあります。

認定看護師と専門看護師の違い②

専門看護師の分野には、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、慢性疾患看護、感染症看護などがあります。

看護師としてキャリアアップを考える場合は、これらの資格を取ることも必要かもしれません。

私の勤めている病院には専門看護師も認定看護師もいません。

今のところは、その資格を取得する必要性に迫られていません。

認定看護師と専門看護師の違い③

しかし将来的には専門看護師や認定看護師の需要が高まり、専門看護師・認定看護師を募集する病院も増えるに違いありません。

チャンスが巡ってきたときには躊躇せず、資格を取得することに挑戦して、専門看護師または認定看護師としてレベルアップをしたいと思います。

認定看護師と専門看護師の求人は、ネットの転職サイトです

専門看護師や認定看護師として職場を探す時は、看護師転職サイトを利用するとよいです。

看護師転職サービスのサイトでは、あなたが希望する勤務条件に合う職場を見つけてくれます。

あなたが普通に生活しているときにも、あなたに代わって就職活動をしてくれるのです。

今のところは専門看護師や認定看護師の需要は多くはないかもしれません。

地方と違い、東京大阪などの都会なら需要も募集も多いと思います。

調べて教えてくれるので、希望条件に合った職場で勤務することができます。あなたも早速看護師転職サービスのサイトに無料登録してみませんか?

転職サイトランキングを見る