認定看護師の役割とは、なんでしょうね?

認定看護師の役割とはなんでしょうか?

看護師である私にもはっきりとした役割が説明できません。

調べてみると認定看護師というのは、個人や家族及び集団に対して熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する役割の看護師だそうです。

看護実践を通して、看護職に対して指導を行ったり、看護職に対して、コンサルテーションも行います。

認定看護師は、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力が必要になります。そのことが認定看護師の役割でもあるようです。

認定看護師は看護実践経験の積み重ねだけでは習得しがたい特定の知識や技術が必要です。独自の看護知識及び技術が必要です。

認定看護師の役割が出来る分野は色々ありますよ

認定看護師の役割を活かせる分野は、特定の分野となります。

例えば、救急看護、創傷、オストミー、失禁看護、重症集中ケア、ホスピスケア、がん化学療法看護などです。

訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、小児救急看護、認知症高齢者看護などもあります。

認定看護師はこれらの分野で、実践・指導・相談の3つの役割を果たします。

がん化学療法看護では、がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理を行います。

副作用症状のマネジメントや、がん化学療法を受ける患者・家族のアセスメント及び、問題に対するマネジメント能力向上のための支援も行います。

認定看護師の役割には、看護師の指導も含まれます

認定看護師を言葉で説明するのは難しくわかりにくいかもしれませんね。

要するに看護師を指導する役割の看護師ということです。

だから知識も看護師を上回らなければなりません。そのために勉強をして、資格と免許証をもらうのです。

看護師はドクターの治療の補助的仕事を主にします。

しかし看護を独立したものと考えて追求したのです。ドクターに指示されない看護分野で深い知識を持つ認定看護師の役割は今後期待されるでしょう。それに伴い認定看護師の需要も高まるでしょう。

認定看護師の役割は、ネットの転職サイトでも相談しましょう

若い看護師は、それを予測してチャンスがあれば勉強しキャリアアップを目指すと良いでしょう。

認定看護師が就職を希望するときには、看護師転職サイトを利用することをお薦めします。

認定看護師としての役割を十分果たせる職場を探してくれます。早速あなたも看護師転職サービスのサイトに無料登録しませんか?

転職サイトランキングを見る