資格手当ありの看護師求人を出している職場はありますか?

資格手当ありの看護師求人を探しているのですね?そういう職場はあるのでしょうか。

看護師が他の資格を取得している場合、その資格に対して手当が支給されるか否かについては、それぞれの医療機関など職場によって異なります。

たとえばケアマネージャーの資格を持っている看護師は、勤めている職場によってその手当を支給される看護師とそうではない看護師に分かれるという事です。

仮に資格手当が支給されるとしても、その手当の額は職場によって様々に異なるのです。

ある病院に努めている看護師はケアマネージャーの資格手当が支給されますが、一方では同じ資格を取得しているのに支給されない看護師もいるのです。

これでは不満を持つ看護師も出ますから、転職するなり病院に交渉するなし、納得できる環境でその資格を活かしたいですね。

一般に、病院よりも福祉施設の方がケアマネージャーの資格手当を支給する所が多いようです。

また専門看護師認定看護師の場合には、一般に3000円から1万円の手当が支払われています。

金額としては資格を取得するまでの苦労を考えると、割に合わないような額に思えるかもしれません。

しかし毎月支払われて、働いている間は永久的に基本給にプラスして支払われる額という事ですから馬鹿にはできません。

その資格により得られる生きがいや社会的な信頼などを加えると、資格取得はやはり魅力的ですね。

殆どの医療機関で手当が支給されますが、医療機関によって手当額がバラバラなので、調べて確認してから就職すると良いです。

看護師としては、仕事に対する評価を正当にしてくれる職場で働きたいものです。

正当な評価を得ることで仕事に対する意欲が益々湧き、益々良い仕事をこなすことができるようになるのです。

資格手当ありの看護師求人は、准看護師だと条件が違なりますか?

資格手当ありの看護師求人といっても、それは看護師プラスアルファの資格への手当ての事です。

看護師と准看護師の資格手当というのは特にありません。看護師の基本給が資格手ても含まれたものになります。

給料には特に看護師の資格手当は付かないのが一般的だという事です。

正看護師の基本給と准看護師の基本給の差が、資格手当の差額に相当します。

看護師の基本給の方が准看護師の基本給よりも高額なのは、その資格のせいです。

看護師は国家資格であり資格取得するまでに勉強する期間も長く、准看護師よりも医学や看護に対する知識が深いという点での差が資格手当の差、基本給の差に繋がります。

それぞれの病院で基本給が異なりますから、自分の納得できる仕事内容と基本給を支給してくれる職場で働くのが良いです。

実際に病棟業務になると、正看護師と准看護師とで仕事内容に差があることはほとんどありません。

看護の仕事に変わりはなくても、知識は正看護師の方が深いですから、理論や根拠に基づいた仕事が出来るのです。

給料面では正看護師の方が准看護師よりも基本的に高額です。

法律上は、准看護師は看護師の指示のもとで仕事をする事になりますから、准看護師が師長などの役職につくことはあり得ません。

資格手当あり、が看護師にもたらす効果は?

資格手当ありの看護師求人を見つけて転職すると、自分の納得できる資格手当、すなわち基本給であればやる気が出ます。

やはり人間ですから、仕事に対する意欲は基本給が高額である場合の方が高まるでしょう。

ケアマネジャーの資格手当にしても、その仕事をこなしているのに資格手当が支給されない場合があります。

その事に対する不満や疑問を持っていると、ケアマネの仕事にも集中できなくなり結果的に能率の悪い仕事になってしまいます。

資格を取得している看護師には、より能力を活かした仕事をできるように職場がサポートするべきですね。

その方が結果的に職場に利益をもたらす事になるでしょう。

資格手当の差は、資格を取得していない看護師にとっても資格取得に対する意欲をもたらす事になります。

資格手当を目指して資格取得に頑張る看護師も出てくるという事です。

その事は結果的に資格取得を目指す看護師と、その医療機関の利益にもなっていくのです。仕事に見合った手当は支給するのが当然でしょうね。

転職サイトランキングを見る