看護師の週休2日求人

週休2日は嬉しいですね。週休2日というだけでこの職場は良い職場だと思ってしまいます。

医療機関などの職場でも、最近では週休2日制の所が増えてきています。病院でもクリニックでも福祉施設でも週休2日制の所が多いですから、週休2日制の職場を検索すると沢山の求人に出会えるでしょう。

週休2日制の職場が増えているので、その事に関しては考慮しなくても他の事項を優先して職場選びをする事が出来ます。

クリニックで休診が土曜日と日曜日の所では、職場が定休日になるのですから、病院の勤務よりも確実に週休2日の休日を得る事が出来ます。

また学校の保健室などで勤務する場合には、学校が土日休みなのですから確実に週休2日制です。

一般の企業で社員の健康管理をする産業看護師は、企業によっても異なりますが、土日が会社の定休日である場合には確実に週休2日です。

そのほかに祭日や正月なども休暇をもらう事が出来ます。

病院勤務の場合年間を通じて定期の休みが無いので、職場そのものが定休日である職場は看護師にとって魅力的だとも言えます。

病院勤務でも週休2日制の医療機関は増えていますが、土曜日や日曜日が休日になるかというとそうでもありません。

スタッフが皆で土曜日と日曜日の休日をもらうと、入院患者さんの看護をする人がいなくなります。

週休2日制の職場で、なおかつ土曜日と日曜日が休日である職場を選んで働きたいと考える看護師は少なくないでしょう。

特に子育て中の看護師の場合には、土曜日や日曜日は幼稚園が休みなのですから、母親である看護師は特に週末の休日を希望するのです。

週休2日制はもちろんですが、その休日の内容についても確認が必要ですね。

看護師の週休2日求人は、不規則だからこそ有り難い

夜勤をしていると1週間のうちに日勤は3日位になります。

普通の日勤ばかりの職場では、3日だけなんて考えられませんよね。

夜勤が1週間に1回の割合で入るとそうなるんです。体のリズムは狂いますね。

生活のリズムと体のリズムが元に戻った頃に又夜勤があります。不規則な仕事です。独身時代はまだ良いのです。結婚して家庭を持つと余計に大変です。

家族の協力がなければ看護師として働くことは無理ですね。

だから余計に週休2日は有難いです。

精神的にも肉体的にも休養は大事です。看護は肉体的にも重労働です。

精神的には肉体的よりもなお大変かもしれません。

生命に関わる仕事をしていることを実感します。

緊急事態が発生すると、自分の顔から血の気が引くのが分かることさえあります。緊急事態で焦る時には、自分の本来の姿が現れるといいます。

そんな時に、本来の姿というかパニックにならない人は責任感のない人だと思います。

責任を自覚して働いていたら緊急事態に直面して焦ってしまうのは当然です。自覚していたら焦る必要がないという人もいます。

いのちの大切さを考えるとやはり焦るものです。緊張感が一気に走ります。動作も機敏になります。当然だと思います。

看護師が週休2日で働くメリットは?

週休2日制のメリットは、やはり休養をとることができるという事です。

病院勤務の看護師は夜勤や時間外勤務などが頻繁にある為に、慢性的な疲労に陥っている看護師は少なくないのです。

日勤夜勤を繰り返すことで、身体の本来持っているリズムは崩れて不健康になりやすい状況になります。

ハードな仕事をしている看護師は多いですが、週休2日制という事で3日に一度の休日があると、肉体的にも精神的にも疲労は解消しやすくなります。

疲労解消できるという事が、週休2日制の最大のメリットです。

週休2日制の勤務により、疲労からくるストレスを解消できるチャンスが増えるのですから、この勤務体制は看護師にとってはありがたいですね。

睡眠不足や疲労による不健康が続くと、仕事上のミスが発生しやすい状況にもなります。

身体のコンデイションが良好でなければ「こんなはずではなかった」と思うような事故を起こしてしまう確率が高くなるのです。

週休2日制は、看護師の身体のコンデイションを良好に整える役目をしてくれます。

休日の空いた時間を、趣味など自分の好きな事に当てる事が出来ますから、気分転換やストレス解消をする事が出来ます。

週休2日制の職場に勤務すると、土日の休日を利用して家族との時間を多くとることが出来ます。

毎日子供を保育所に預けている母親の看護師も、土日には子供と十分なスキンシップをする事が出来るといった具合です。

週休2日制の職場は子育て中の看護師にとっては欠かす事が出来ない勤務条件でもあります。

潜在看護師も、再就職する際には週休2日制の条件の職場に勤務する方が無難です。徐々に体を慣らしていく為にも、最初は確実に週休2日制の職場を選びましょう。

しっかり疲労を解消できる勤務体制のもとで働く方が、安心できます。

我慢して働いているとストレスがたまり、身体を壊してしまうことにもなりかねません。

仕事の内容も、簡単なことから徐々に看護業務に慣れていく事が出来るような職場が良いですね。

業務に慣れるという点から、まず福祉施設に就職して仕事に慣れてから、病院勤務へと移行していく潜在看護師もいます。

福祉施設では介護スタッフが多く勤務しているので、少ない看護師の業務はそれほど難しいものではありません。

福祉施設では、患者さんの看護をすることもなく、高度の医療補助の仕事をするわけでもないのです。

看護師の週休2日求人は、必須です

とにかく週休2日でないと精神的負担も大きく、それらを溜め込んでいたら病気になります

ストレス発散のためにも休養は大切です。私たちには週休2日はなくてはならない休日です。

勤務条件に週休2日を入れることは当然です。一昔前と違い、週休2日の病院は殆どかもしれませんね。

休みの希望だけではなく勤務時間夜勤手当など働くにあたって希望条件がありますね。

面接時には遠慮して言えないこともあります。そんな時誰かが自分に変わって条件を全部言ってくれたら助かりますね。そんなところがあるんですよ。

それが、看護師転職サイトなのです。

転職サイトランキングを見る