都会の看護師の特徴は?

都会は看護師だけに限らず、地方と違って一般的にあくせくしている感じがします。

例えば信号機が青にならないうちから歩き出したり、エレベーターに乗りながらでも歩いている人がいたりします。

エレベーターに乗ってじっと立っている人が、エレベーターに乗りながら歩く人のために片側によるのです。

行儀が良いというか、せかせかしているというか、とにかく地方では見られない光景なのです。

看護師であれば職業柄、なおさら忙しくキビキビ動くでしょう。

地方の看護師というと、人口密度も低いですから患者さんの数も比較的少なく、動作も都会ほど機敏にする必要はありません。

しかし、救急外来などで働く看護師の場合は、少しの時間差が生命を脅かすことになる仕事をしているのですから、都会も地方も同じです。

地方の看護師の場合は交通の便が良くないので、ほとんどの看護師が通勤に自家用車を利用しています。

都会の看護師の場合には交通の便が良いので、電車やバスなどを利用しています。

都会の医療機関で働く看護師は、勤める医療機関も都会の中にあるのですから、おしゃれであったりセンスが良かったりして見た目もスマートな人が多いです。

地方の看護師は他人から見られるような職場環境でないこともあり、おしゃれに関しては都会の看護師ほどこだわることもありません。

地方の若い看護師が、おしゃれでスマートな身なりでテキパキと働く都会の看護師にあこがれることも理解できます。

都会の看護師の給料が、地方の看護師の給料を上回っていることは統計を見ても分かります。

経済的に豊かな分だけ、おしゃれにお金をかけることができるのかもしれませんね。

都会の看護師と地方の看護師の違いはありますか?

都会の看護師の方がキャリアアップしやすい環境であるといえます。

地方で働いている看護師の場合、一般的に講習会や研修会が多くなく、勉強する機会に恵まれない環境なのです。

専門看護師や認定看護師などの資格を取得する場合には、研修や講義を受けに都会へ行かなければならないことがあります。

高度な医療は、地方より都会で多く行われているために、都会の医療機関での仕事を希望する看護師は少なくありません。

都会は人口密度が高いので、必要に応じて医療機関の数も多いです。

医療機関の数が多くても、一か所に受診する患者さんの数は多く、医療機関によってはゆとりをもってコミュニケーションをとることが難しい場合もあります。

ゆっくり患者さんと関わる看護をしたいと希望する看護師は、都会より地方の医療機関が適しているかもしれませんね。

都会の看護師のメリットは?

看護師不足は全国的に続いていますが、都会の医療機関では勤務条件や給料を良くするなどし、看護師不足の解消に効果を上げています。

また都会の医療機関では高度な医療設備の整っているところも多く、給料も高額であることから転職を希望する看護師は少なくないのです。

地方では高齢者の割合も高く、看護師も高齢化しますから慢性的な看護師不足に陥りやすいです。

7対1の基準を満たすことができず、病院の診療報酬も減り、倒産していく医療機関もあるくらいなのです。

看護師の中には、仕事が忙しいのに給与は減るという現状に不満を持ち、仕事への気力を失い辞めていく人もいます。

給料が少なく、疲労ばかりが蓄積されキャリアアップも目指せないという環境では、退職していく看護師が多くなるのも無理はありません。

都会の看護師は地方に勤務する看護師よりも、一般的に勤務条件や環境が良いのですから、自己研鑽に励むことができます。

都会の医療機関で働くと、研修制度やセミナーも頻回にあり資格を取得するには有利です。

高齢者が好きだったり、高齢者医療に関わり看護の仕事をしたいと考えている看護師には地方の医療機関が適しています。

病院ばかりではなく在宅介護の高齢者もいますから、高齢者看護を通して地域医療に貢献できるでしょう。

転職サイトランキングを見る