離島で働くことを決意する看護師はいますか?

離島出身の看護師の中には、都会の病院で働いていたとしても「いずれは島に戻り島の人たちのために働きたい」と考えている人もいるでしょう。

離島では病院がないところも多いですから、不自由な思いで子供の頃を過ごした経験を持つ看護師もいるでしょう。

「都会の高度医療が行われている病院で経験を積み、その技術を島に持って帰りたい」と考えたとしても不思議ではありません。

また、都会で忙しく働き肉体的にも精神的にも疲れ果ててしまったとき「新しい環境でリフレッシュしたい」と考えることがあります。

ストレス社会の中で精神的に病む看護師もいるのです。再び元気になってバリバリ働きたいと考えるとき、離島での仕事を決意するかもしれませんね。

離島では、人が都会ほどに多くありませんから、人間関係に疲れることは少ないでしょう。

また、時間がゆったりと流れるので、都会ほど忙しく日々を送ることがないかもしれません。

趣味を活かしたい、生活を楽しみたいと考えている看護師にとっても、海がすぐそばにある島での生活は理想的と言えるでしょう。

今まで家族を頼って生活していたけれど「一人で頑張ってみたい」と考えている看護師にとっても、離島の生活はピッタリです。

離島で働く看護師のメリットはありますか?

離島は言うまでもなく海に囲まれていますから、海に関する趣味を持っている人には最適に環境だといえます。

趣味を活かしながら、ゆったりと生活したいと考えている人に向いています。

また都会のように人口密度が高くないですから、のんびりゆったりと生活ができます。

離島の病院でも、もちろん夜勤などはありますから勤務条件では都会とそれほど変わりはないでしょう。

給料面では、一般的に都会の病院よりも低いところが多いです。

地価も物価も都会より低く、住居費も安価で生活しやすい面を考えると、給料が多少低くても当然といえますね。

島の人たちは皆家庭的ですから、畑で作った食物や海で採れた魚を近所の人に分けたりすることは一般的にあります。住居費も都会と比較するととても安価です。

都会の忙しい生活に疲れた看護師は、ゆったりとした離島での生活の中で、心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。

肉体的精神的に疲れを癒した後で、再び都会の生活に戻ることもできます。

離島の病院では、専門分野に分かれて治療や看護を行うことは少ないので、看護師はすべての分野の看護を行うことになります。

アセスメント能力や判断力も磨かれ、看護師として成長できるでしょう。

離島で働く看護師に必要なことは?

島には病院がないところもありますが、あったとしても都会のように専門分野に分かれていることはないのです。

なるべく多くの分野で働いた経験があったり、多くの分野の知識を身につけていることが、離島で働く看護師には必要です。

どんな症状の患者さんが来ても、適切に対応できる能力を身につけていると、患者さんにとっても頼れる存在になるでしょう。

しかし、基本的に看護師は医師の指示に基づいて仕事をします。

それほど深く考えなくても、看護師の資格を取得していればそれだけで十分離島看護師としての勤めを果たすことができるでしょう。

島では高度な設備もなく高度な医療を期待できないのですから、離島の医師が対応できない時や手術などが必要なときには、患者さんは本土へ運ばれるのです。

離島で看護師をする時に必要なことは、どんなことがあってもそれなりに対応していくという強い精神力でしょう。

離島に住む人たちと人間関係を良くするためには、コミュニケーション能力を身につけている看護師が適しているでしょう。

若い看護師であれば、人間的に全てを兼ね備えているわけではありませんし、そのことを期待しても無理でしょう。

しかし頑張ろうとする気持ちや、離島の人たちのために一生懸命に働く姿は、誰の目にもわかるでしょう。

多くの様々な体験を通して、島の人たちの中で一人前の看護師として成長していくことができるでしょう。

転職サイトランキングを見る