離職率の低い病院はどんな病院ですか?

働き甲斐があって、精神的にも肉体的にも満足できる職場でしょう。

職員はゆとりをもって仕事ができるために職場の雰囲気も落ち着いているでしょう。

給料の額と仕事内容にそれほどの差がなく、職員も満足を得ている職場です。

昇給も行われ諸手当もそれなりの額を、支給しているところでしょう。

満足できる職場で働いている看護師は、わざわざ離職することを考えませんし実行もしませんから離職率の低い病院になります。

給料に少しぐらいの差はあったとしても、離職を考える看護師は少ないか、殆どいないでしょう。

離職をして、一から仕事や患者さんを覚えることは大変ですから「少しぐらい給料が高くても割に合わない」と考えるのです。

「それだったらまだ慣れた職場で働く方がましだ」ということになるのです。

我慢して同じ職場で長く働き、賞与などを多くもらう方が得だと考えるのです。

離職率の低い病院は、総合的にみて比較的に満足できることが多い病院ということになります。

離職率の低い病院であるためには、特別な理由が必要ですか?

労働条件が良かったり、教育や研修体制が整っている病院、またはそうするために努力している病院は離職率が低くなっています。

新人看護師の離職率が減少しているのは、2010年4月から新人看護職員研修が努力義務化され各病院で取り入れるようになってからで、その効果の表れだと考えられています。

大規模な医療機関では、教育研修体制が取り入れられやすいですが、小さな病院などでは困難な場合が少なくありません。

そのため離職率の低い病院は、比較的病床規模の大きな病院であることが多いと言えます。

また夜勤の勤務がきつい病院ほど、離職率が高い傾向にあります。

「夜勤の回数は多いし、労働はきつく精神的にも身体的にも夜勤をするのが負担だ」という病院では、離職率が高くなるということです。

経営者が離職率を低い病院にしたい場合には、その反対の環境を整えればよいということになります。

離職率を低くするために、看護師が働きやすい環境を整えるということは簡単な事ではないかもしれませんね。

そのようにできるのであれば、看護師も同じ職場に落ち着くことができますから楽ですし仕事に対する不満を言う人もいなくなるでしょう。

離職率の低い病院で働く看護師は、どんな風に働いていますか?

計画的な看護職員配置を実施できている病院では、比較的離職率が低い場合が多いです。

産休や育休、夜勤減免者や退職者の発生を見込み、代替要員を確保したり院内で職員の異動を行うなどし、計画的な看護配置に取り組んでいる病院は離職率が低いのです。

職場のスタッフの人数確保と維持に取り組んでいる病院では、労働条件の悪化を防ぐことができる為離職者を減らすことが可能なのです。

勤務条件が良いのですから、職場では不満を言う看護師も少なく、働きやすい理想的な職場でしょう。

休日をしっかり確保できるために、精神的にもリフレッシュできます。

看護師の人数が確保できているため、労働も過酷ではないですから、身体的に問題を持つ職員も少ないでしょう。

身体的に問題がある場合には、休暇も他のスタッフに遠慮しないでもらうことができるのです。

精神的肉体的にストレスがなければ、健康的に働くことができますから、患者さんへの対応も必然的に良くなります。

離職率の低い病院は、離職率の低い職場の評判により、求人をしても看護師はすぐに確保できるでしょう。

そこで働く看護師は、看護師不足ではないために、益々労働条件が良くなっていきますね。

ゆとりを持って看護の仕事ができるので、入院患者さんや外来患者さんへの対応も良くすることができます。

離職率の低い病院で働く看護師は、病院のスタッフへの態度や方針に対して信頼感を持っていますから、安心して仕事に取り組むことができます。

転職サイトランキングを見る