離職率の高い病院はどんな原因がありますか?

離職率の高い病院とは、働く人が精神的肉体的に満足することができない病院でしょう。

働くことに満足を得ることができなくなった看護師たちが、仕事への意欲をなくして離職していくのです。

給料面ではもちろんですが、職場の人間関係や労働条件にも不満を持っていて離職していくケースが殆どです。

雇う側が、職場の労働条件などを詳しく説明して納得してもらったうえで、看護師として採用しなければ離職者を減らすことはできないでしょう。

就職前に良い条件ばかりを出していたのでは、働き始めてからのギャップが大きすぎて「こんなはずではなかった」と離職してしまうのです。

残業しても時間外手当がつかなければ、残業するだけ損という気持ちになるのは当然です。

しかし一日の業務をこなすためには、残業を避けることができないとしたら、離職するしかないという考えにたどり着くでしょう。

また毎年の昇給がなかったり、昇給しても少なすぎる場合や昇給があったとしても不公平である場合にも、当然離職する看護師がいるでしょう。

看護師不足のせいで勤務が厳しく休日も十分とることができない職場でも離職率は上がるでしょう。

仕事がきつすぎるために、肉体的負担が大きすぎたり、精神的にリラックスする暇がない場合、そのような労働環境の職場でも離職率は高くなります。

離職率の高い病院は、どんな医療機関ですか?

医療機関の中にはブラック病院と呼ばれるところもありますから入職前のチャックはぜひ行いたいものです。

特にチェックしたいところは、職員数に対して求人数が多すぎる病院です。

そのような場合には、入職後に離職していく看護師の数を含めて求人しているかもしれないのです。

残業が多すぎたり、人間関係が良くない職場である可能性もありますね。

募集要項に経験者優遇とか、経験者限定と書かれている場合にも要注意です。

そのような医療機関は、看護師の育成に力を入れていなかったり、職員の教育や育成に力を入れていないところが多いのです。

すでに看護師としてのスキルを身につけている人を募集するのは、教育などの過程を省くことができるからでしょう。

また、離職者が多いためにベテランの看護師が不足しているということも考えられます。

そのような職場に入職すると、入職してすぐにスタッフの指導もしなければならないということにもなりかねません。

パート募集を頻繁にしている医療機関にも注意が必要です。

そのような医療機関は、正社員の定着が少ないために、絶えずパートの求人をしなければならないという事情があるかもしれません。

または、正職員を雇えるだけの資金力が不足していたり、福利厚生面や設備面で充実していないということも考えられます。

離職率の高い病院で働くことを防ぐために看護師のすることは?

就職する前に、面接などで看護師の平均年齢や勤続年数を確認しておくと安心できます。

ベテランの看護師と若い看護師が半々くらいに働いている病院は、離職率は高くなく職員数も安定していることが予測されます。

入職前に病院内を見て回るときに、よく観察したいことがあります。院内に清潔感があるか、病棟内に汚物や排せつ物などの悪臭が漂っていないかということです。

病院に入った途端、または病棟に足を踏み入れた途端に嫌な匂いがするところがあります。

職場の環境がそのようであれば、職員の資質や上司の資質を疑われても仕方がないですね。

先輩看護師が後輩看護師に対して口汚く罵っているという職場もよくありません。

指導をするにしても、患者さんや外来客の前で行うことは避けるべきです。

職場で働いている看護師の身だしなみや言動にも注意して観察すると、就職についての参考になります。

給与が異常に高額な医療機関も要注意です。

労働条件の悪さを給与で補っている可能性があるからです。もちろんそうでないところもありますが注意しておくと良いでしょう。

転職サイトランキングを見る