30代 看護師 将来が不安になる時は、どんな時ですか?

看護師が将来に対して不安を持つのは、何歳でも同じようにあります。

結婚をしている場合でも、未婚の場合でも内容はそれぞれ異なりますが同じように不安感を持ちます。

私生活でも不安になりますが職場でも不安はあります。後輩を指導し育てる年代です。病棟では、主任になり早い人は看護師長にも抜擢されるでしょう。

環境としては、自分よりも年上の年齢の看護師もスタッフとして働いています。かつては先輩看護師だった人も、自分の部下となって働いている場合もあります。

全てが自分に適した環境ではないでしょう。様々な事情が絡んだ人間関係の中で、上司として働かなければならない看護師もいます。

また、かつては後輩だった看護師が、自分の上司として目の前に現れたという看護師もいるでしょう。そんな職場で働く看護師として、不安感を持たずにいることの方が難しいです。

私生活でもそれぞれの看護師にとって異なった事情があるでしょう。両親や夫、子供のことなど心配し始めると問題はどんどん膨らんでいきます。

両親の介護をしなければならない立場ではあるけれども、看護師の仕事も続けたいと悩み、そのことについて将来に対する不安を抱えている看護師もいるでしょう。

両親を施設に入所させるべきか、近くに引っ越しをして介護すべきか悩みます。

在宅介護をする時には常勤は無理なので、非常勤の勤務の職場も探さなくてはならないのです。そのような不安を抱えながら仕事をしている看護師は少なくないでしょう。

30代 看護師 将来が不安になる職場と家庭。

30代で看護師として常勤勤務をしている場合には、不安なことは多いです。

小さな子供の母親の看護師は、子供が病気になった時に休むことが出来るか、休みの都合がつくかなどの勤務に対する不安があります。

また勤務をしていても子供のことが気がかりになります。夜勤の時も子供の様子が心配になります。

そして、このまま看護師として心配事を持ちながら、仕事を継続していくことが出来るかという事に対して不安に思うのです。

夫が健在で看護師としての職業に対する理解と協力がある場合には、不安は軽減するでしょう。

しかし、シングルマザーの看護師は最近増えています。良い環境で看護師を続けている看護師ばかりではないのです。

不安や心配事を抱えながら仕事をしていると、仕事に集中できずにミスを犯すことも少なくありません。

公私とも不安のない環境であるならば、看護師としての力量を発揮することが出来ます。

しかしそうではない看護師の場合には、不安のない環境を自分で見つけたり作っていく必要があります。

例えば、自分の生活スタイルに合った転職先を見つけるとか、子供の送り迎えに都合のよい職場に転職するなどです。

30代 看護師 将来が不安な時にすることは?

同世代の看護師の友人に自分の環境についてはなしすることも良いです。他の人も自分と同じような不安や心配事を抱えているかもしれません。

良いアイデアを得て不安を軽減することが出来るかもしれないのです。また、自分の不安を除去する為には何をすべきかについて、上司に相談しても良いでしょう。

私生活はともかく、職場や仕事についての助言は得ることが出来るかもしれません。看護師としての先輩ですから、経験も豊富でしょうし、適切な考え片についても指導してくれるでしょう。

夫の転勤に関して自分も転職することを考えている看護師の場合には、新しい職場に転職する事についての不安は当然あります。

転職についての不安を除去するためにできることは何かと考えます。そんな時には看護師転職サイトに相談をすると案外早く不安の除去ができるかもしれません。

職場については、常勤で勤務することが難しい家庭環境である場合には、非常勤で条件の良い職場を探すことです。

そんな時にも、看護師転職サイトなどで自分に合った職場さがしができるでしょう。

転職サイトランキングを見る