30代で新人の看護師は職場に多いですか?

30代で新人として転職してくる看護師は、少ないですがたまにいます。子育てや家庭の事情などで、転職してくる看護師が殆どです。

本当にたまに、退職後に中高年になって就職してくる新人看護師もいます。

子育ての為に転職して新人看護師として働く人は、職場が自宅と近距離であるという事を重要視してのことです。

子育て中の母親の看護師は、子供との時間を大切にする為には、少しの時間も無駄にしたくはないのです。自宅と職場が近距離であれば、往復にかかる時間のロスを防ぐことが出来ます。

子供が熱を出した時など、すぐに幼稚園や保育所に迎えに行くことが出来るのです。

また、自宅近辺の職場であれば、子供のお迎え時間に遅れることも少ないでしょうし、子供を待たすことも少なくなります。

30代で新人看護師と呼ばれたとしても、子供の為であれば仕方がないと諦めることが出来るでしょう。

30代で新人看護師と言われるのはどうして?

卒業してから就職する場合には新人看護師と言われます。

30歳でも、転職して新しい職場に勤務になる時には、やはりその職場では新人看護師と呼ばれます。

30代の新人看護師も、自分より若い看護師を先輩看護師として接していくことになるでしょう。

それまでの経験を活かして頑張って働いていくうちに、職場のスタッフにも仕事にも慣れてきます。

職場では後輩でも、年齢的には先輩看護師である30代の新人看護師です。

努力が認められて、暫くすると先輩看護師として職場の若いスタッフたちから慕われるようになるでしょう。

それまでは、新人看護師と言われても、我慢して働かなければなりませんね。仕事の流れや業務について、自分よりも若い看護師に教えてもらわなければならないこともあるのです。

そんな時も、不満の心を持たずに謙虚に接してくことが大切ですね。理不尽な言葉を掛けられることがあるかもしれません。

しかし、慣れるまでの辛抱です。同じところにいつまでも、同じようにとどまることはないのです。

必ず状況は変化していきますから、辛いことや辛い時があったとしても、変化の時の来るのを待ってそれまで頑張りましょう。

30代の新人看護師の特徴は?

30代で新人看護師の特徴は子育て中の看護師が多いという事です。

子育て中ですから夜勤はできないかもしれませんし、残業などの時間外勤務もできないかもしれません。

また、日曜や祝日勤務もできないかもしれないのですから、スタッフにとっては決して頼りになる存在だとは言い切れませんね。

私の勤務している職場にも30代の新人看護師が転職してきたのです。彼女も又、やはり子育て中で夜勤はできず日曜出勤もできないという労働条件で就職してきたのです。日勤ばかりの勤務をしています。

出勤時間も彼女の希望通りの時間帯です。それでも看護師の人数が増えるのですから、スタッフにとってはありがたいのです。

彼女だけ特別扱いされているようだと陰で不平を言いながらも、黙認している状態だったのです。

子供が熱を出すたびに、仕事の途中でも帰宅するという具合だったのです。

家族の多い家庭では、一人が風邪をひくと次から次と伝染して家族中風邪をひいてしまうということはよくあることです。

そんな状況の彼女ですから、職場では決して頼れるというわけではないのです。

しかし、看護師不足の職場では、看護師の人数が増える事はありがたいので、彼女の立場は何とも中途半端な存在だったのです。

そんな彼女も時を経るごとに、自分の働きやすい状況へと職場を変えていったのです。そのうちに日勤の仕事であれば、彼女に確かめようという雰囲気になってきたのでます。

夜勤もせずに日曜出勤もせずに、平日の出勤ばかりしているのです。

患者さんの状況や分かりにくい指示については、日勤の出勤数が多い分だけ他の人よりも理解しているだろう、と他のスタッフは考えます。

彼女のように、スタッフに信頼されるようになることが大切ですね。

転職サイトランキングを見る