30代の男性が看護師に転職するのは可能ですよ

30代の男性が看護師に転職することはできるのでしょうか?30代の男性が「看護師になろうかな?」と思い立ったとき、「あれ?30代の男でも、今から看護師になれるのかな?」と疑問に思うと思います。

でも、そんな疑問を持つ必要はありませんよ。30代の男性でも看護師に転職することはできます。ただ、まずは看護学校に入学しなければいけません。

看護大学なら4年(大卒の人は2年次に編入できる大学もあり)、看護専門学校や短大なら3年間学んでから、看護師の国家試験に合格して、ようやく看護師になることができます。

社会人入試枠を設けている学校もありますから、30代の男性でも看護学校に合格することは可能ですよ。

もし、3年間も学ぶのは経済的に厳しいと思っている人は、奨学金制度を利用してみるのも良いかもしれません。

奨学金制度がある病院や学校はたくさんありますので、奨学金制度を使うと、経済的な負担が少なくなります。奨学金の詳細は、各学校に問い合わせてみてくださいね。

30代の男性が看護師に転職する場合、もう1つ心配なのは、「30代の新卒看護師でも採用してもらえるのか?」ということですね。

普通のサラリーマンは30代になると転職することが厳しくなりますから。でも、看護師はご存知のように人手不足が深刻ですから、30代の男性でも採用してくれる職場はたくさんあるのです。

ですから、「看護師の資格を取ったのは良いけれど、就職先がどこもない」ということはありませんから、安心して下さいね。

30代の男性が看護師に転職するなら、大病院に転職しましょうね

30代の男性が看護師に転職するなら、どんな職場を選ぶと良いのでしょうか?

まだ看護師になっていないけれど、30代の男性看護師が働くなら、どんな職場が良いのか気になりますね。

30代の男性が看護師に転職するなら、大病院に就職することを目指しましょう。30代の男性が看護師に転職する場合、大病院をおすすめする理由は3つありますよ。

大病院をおすすめする理由①=給料が高い

30代の男性が看護師に転職するなら、大病院をおすすめする理由の1つ目は、給料が高いことです。

30代の男性が看護師に転職しようと思った理由の1つに、経済的に安定するからというものがあると思います。せっかく看護師に転職するのですから、できるだけ給料は高いほうが良いですね。

給料が高い看護師の職場は、大学病院や大きな総合病院です。大病院は基本給が高めですし、ボーナスの支給実績も良いので、年収が高くなるのですよ。

30代前半の男性看護師の年収を従業員数が10~99人と1000人以上の職場で比べてみましょう。

平成27年賃金構造基本統計調査によると、従業員数が10~99人の職場の30代前半の男性看護師の年収は414万1600円です。

それに対し、1000人以上の職場の30代前半の男性看護師の年収は531万300円となっています。職場が違うだけで、こんなにも年収が違ってくるのですよ。

大病院をおすすめする理由②=男性看護師が多い

大病院をおすすめする理由の2つ目は、大病院は男性看護師が多いことです。看護師は女性が多い職業です。

女性10人男性はあなたが1人だけという職場と、女性10人男性はあなたを含め3人という職場では、どちらが働きやすいでしょうか?

まだ看護師として働いていない今なら、「男は僕1人のほうがハーレム状態で良いな!」と思うかもしれませんが、現実を知るとそう思えなくなりますよ。

女性の中に男性はあなた1人という状態だと、とてもストレスが溜まると思います。ですから、男性看護師はある程度男性看護師の割合が多い職場を選ぶべきなのです。

大病院をおすすめする理由③=教育制度が整っている

30代の男性が看護師に転職する場合に大病院をおすすめする理由の3つ目は、大病院は教育制度が整っていることです。

「僕はもう30代で若くないから」と思っていても、まだ定年までには20~30年もあります。

そのため、今後の看護師キャリアのためにも、新卒では教育制度が整っている大病院に就職して、できるだけ看護スキルを身につけておく必要があるのです。

最初に看護スキルを身につけておけば、その後に療養型病院やクリニック、介護施設などに転職しようと思った時も、好条件の求人に採用されやすくなります。

特に、男性は産休で休むことはありませんし、育児休暇を長期間取ることもほとんどないでしょう。

男性看護師は女性看護師に比べて、キャリアアップしやすいですので、せっかく看護師に転職したのですから、看護師キャリアを追求していきましょうね。

30代の男性が看護師に転職するなら、バランス感覚や割り切った考えが重要です

30代の男性が看護師に転職することは可能ですし、大病院へ就職すれば、給料が高く働きやすい環境が整っていることでしょう。

ただ、30代の男性看護師が転職する場合、1つだけ注意してもらいたいことがあります。それはバランス感覚を持つことです。

30代の男性看護師の立ち位置は、医療業界において、とても微妙です。看護師は女性が多いので、30代で看護師に転職すると、先輩看護師は年下の女性になりますから、年下の女性から指導を受けなければいけません。

しかも、看護師は患者さんの命を預かる職業ですから、新人のうちは先輩から厳しく指導されるでしょう。

それでも、30代の男性看護師は職場内で女性看護師と上手くやっていかなくてはいけないので、バランス感覚が重要なのです。

そして、30代の男性が看護師に転職すると、もう1つ問題が出てきます。それは、医師との関係です。看護師と医師は別の職業で対等な関係とは言いつつも、実際は看護師は医師からの指示受けをして、仕事をすることになります。

医師は研修医だと20代半ば、研修が修了した医師でもあなたより年下のことが珍しくありません。

つまり、年下から指示をされることになるんです。また、医師の場合は変に天狗になっている人もいますから、そういう医師から指示を受けた場合でも、割り切って上手く対応しなければいけないのです。

30代の男性が看護師に転職するなら、まずは看護学校の入学を目指すべきですが、将来のプランのためにも、どんな看護師求人があるのか、今のうちからチェックしておくと良いですよ。

どんな大病院があるのか、どこの病院は特に給料が高いのかを確認しておくと、将来への明確なプランを立てることができるでしょう。

30代の男性が看護師求人探しをするなら、転職支援サイトを使うと良いですよ。転職支援サイトなら、大病院の中でも特に給料が高かったり、男性看護師の割合が多かったり、教育制度が整っているところを紹介してもらえます。

看護学校でも求人は紹介してもらえますが、転職支援サイトのほうが条件が良かったり、担当コンサルタントが配属交渉をしてくれるなど、色々メリットがあるのですよ。

転職サイトランキングを見る