30代の男性看護師は職場にいますか?

病棟は違うけれども、30歳の男性看護師は同じ病院に勤務しています。一緒に仕事をしたことがある男性看護師は、30代ではなく中高年の看護師です。

アルバイトの30代男性看護師とは2、3回数時間一緒に働いたことはありますが話は殆どしていません。

個人的には、性別も年代も違いすぎる看護師とは、最初から話が合わない気がして積極的に話をすることがないですね。

もちろん何の差別もなく誰とでも平気で仲良くできるタイプの看護師も多くいます。

しかし、異性であり年齢が違いすぎる看護師に対して、仮に必要なこと以外話をしない看護師が居たとしても例外ではないでしょう。

30代の男性看護師も、年齢の近い女性看護師とよく会話などしています。

年齢の近い看護師の方が、お互いに違和感なく自然に接することが出来るかもしれませんね。

しかしまた、女性が多い職場ですから変な噂などが立たないように配慮することも必要です。女性の中に若い男性がいるというだけで、噂が立つ材料がそろっているのですから、注意が必要です。

患者さんの看護が重要な仕事なのに、スタッフ同士の人間関係まで気を使うようでは、仕事がしにくい環境だと言わざるをえませんね。

30代の男性看護師が働く職場は?

男性看護師の特徴としては、体力的に優れていることが挙げられます。

身体的に肉体労働も苦にならない男性看護師ですから、女性看護師が肉体労働の為に身体的苦痛を感じる職場などが向いているでしょう。

患者さんの移動や移行を多く必要とする職場に、男性看護師が一緒に働いている場合には、女性看護師としては心強いですね。

体の自由が利かない患者さんの日常生活を援助する職場でも、男性看護師は活躍できるでしょう。

介助する側にとってみると、身体がマヒしている患者さんは実際の体重よりも重たく感じます。ベッドから車いすへ移行介助する時にも、二人がかりでやっと行っています。

患者さん側からしても、か細い女性看護師の介助よりも男性看護師の介助の方が安心できるでしょう。

支えてもらう時でも男性看護師の介助であれば、女性看護師の時のような不安感を持つことはないのです。

手術室やリハビリに関わる仕事の多い整形外科などでも、男性看護師は適しているでしょう。

また身体的には健康な人の多い精神科勤務も男性看護師に適している職場だと言えます。

精神科の患者さんは一般的に健康な肉体を持っていますから、女性看護師では肉体的に負けてしまうこともあるのです。男性看護師であれば、安心して患者さんと接することが出来ます。

30代男性看護師の特徴は?

女性の看護師であれば、結婚して出産し育児に忙しい30代です。看護師を続けながら仕事と家庭を両立するためには、職場や仕事に制限ができるのも無理ないですね。

しかし、30代でも男性であれば職場や仕事に制限が出ることはないのです。子育ての為に夜勤の仕事をセーブする必要もないのです。

常勤から非常勤に切り替えて仕事を続けるという努力をしなくても、常勤のまま職場の環境を変える必要もありません。

日勤ばかりの仕事をする為にパートのできる職場に転職する必要はないのですから、看護師としては女性よりもはるかに有利に働くことが出来ます。

環境を変える必要がないのですから、長く同じ職場に勤務できます。昇給や出世も叶いやすいと言えます。

30代の男性看護師と働いて都合悪いところはありますか?

婦人科や産科、小児科などでは男性看護師よりも女性看護師の方が適しています。

産婦人科を受診する患者さんは女性ばかりなのですから、診察や処置の介助時には女性の看護師の方が絶対に好まれます。

男性看護師の勤務している産婦人科を受診する患者さんは殆どいないでしょう。子供は一般に男性を怖がる傾向にあります。

病院でなくても、男性を見るだけで泣き出してしまう子供がいるくらいですから、小児科勤務に男性看護師は不向きです。

転職サイトランキングを見る