30代の看護師の働き方にはどのようなパターンがありますか?

30代でまだ未婚の看護師も少なくはないけれど、一般的に30代の看護師は子育て中の看護師が多いです。

子育て中の看護師の働き方としては、子供中心の生活パターンですから、勤務体制も子供に合わせたものになるのが理想です。

理想の勤務パターンをとることのできない看護師は、理想の勤務体制の職場へ転職せざるを得ません。

子育て中の30代の看護師でも、家庭環境によって希望する勤務パターンが異なってきます。

家族の協力を全面的に得ることのできる看護師の場合には、常勤と同じ勤務体制で働くことが出来ます。

たとえば、夜勤の時に夫や母親が自分の代わりに子供を見てくれる場合などです。また休日には実家で子供を預かってくれる場合などです。

日中は幼稚園や保育所に預けることが出来て、迎えも自分ではない他の家族がしてくれる場合です。そのような看護師の場合には、常勤でも十分働くことが出来ます。

日中は保育所で子供をみてもらうことが出来るし、送り迎えも家族がしてくれるという看護師もいます。

その場合には、夜勤はできなくても、日勤の勤務は普通通りにできます。その働き方ができる職場を探して、勤務すると良いです。

土曜日だけ実家で子供を預かってくれるという看護師の場合には、土曜日だけ夜勤業務ができるかもしれません。

自分の働くことが出来る条件での勤務を、受け入れてくれる職場を探す必要があります。

まずは今まで勤務していた職場が、働き方が異なった場合でも勤務し続けることが出来るか否かについて確かめてみるとよいですね。出来れば同じ職場で勤務する方が、人間関係などの面で精神的に楽な場合もあるからです。

30代の看護師が一人で子育てをする場合の働き方は?

シングルマザーの看護師が子育てをしながら看護師として働く場合には、職場にさまざまな勤務条件を認めてもらわなければなりません。常勤で勤務する場合には、職場に託児所などの施設が必要です。

子供の事に関して、安心して働くことが出来る環境が整っている必要があります。そうでなければ仕事を続けることもできません。

夜勤をする時にも、子供がいれば仕事が出来ませんから、できれば24時間体制の託児所が必要になります。そうすることで夜も昼も仕事が出来ます。

まず、シングルマザーでも看護師の仕事ができる職場を探す必要があります。子育て中の看護師をサポートしてくれる体制を整えている、医療機関を探すと良いでしょう。

子供を育てる為にパートなどの非常勤勤務を希望する看護師もいます。夜勤や祝日勤務は免除され、時間外勤務も免除されるパート勤務です。

その場合には、子供の送り迎えもできます。また、子供と接する時間も多く持つことが出来ます。

30代の看護師の働き方としては、職場でどのような位置ですか?

当然ですが、職場で責任ある立場の仕事を任されることは少ないでしょう。

仕事の途中であっても時間になれば、帰宅するパートの立場です。しかし、考え方によっては、職場に自分の勤務条件を受け入れてもらって、働くことが出来ているのです。

仕事の途中であっても時間になれば、帰宅するパートの立場です。職場では寂しい思いをすることがあるかもしれません。

しかし「仕事と家庭を両立させてはいるけれども、今は家庭に重点を置いている」と割り切って考えると良いでしょう。仕事に重点を置ける時がまた来ますし、考え方を前向きに持っていけば良いのです。

結婚して子育てをした経験のある看護師は、どの看護師にもその時期がありますし、あったのです。

子育てをできる時期は少ないのですから、その大事な時期に子供のそばに居ることが出来る幸せを感じていれば、不満を持つこともないでしょう。

考え方によっては、子育てをしながら仕事ができるという事はありがたいことかもしれません。

子育てに集中できないという考えの看護師もいるでしょう。また仕事が中途半端になってしまうと考える看護師もいるでしょうから、人それぞれですね。

転職サイトランキングを見る