30代の看護師が未経験なわけは?

30代で看護師の仕事が未経験な人もいるでしょう。看護学校を卒業し看護師の資格を取得した後、看護師の仕事につかなかった人です。

看護師として働く前に、何らかの理由で就職できなかった人もいます。

例えば病気になって就職できなかったり、すぐに結婚してしまったり、止むを得ず看護師の仕事ではない職種の仕事についてしまった場合です。

それぞれの人によって、さまざまな理由があるでしょう。気が付けば30代で、看護師の仕事は未経験だったという事になります。

30代の看護師が未経験な時の職場選びは?

看護師の資格は取得したけれど、看護師として働いたことがないという人も、年月を経てやっと看護師の仕事をする機会に恵まれる場合もあるでしょう。

そんな時、どのような職場を選択したらよいのでしょうか。

看護師としては初めての職場になるわけです。看護師として一から始めたいと考えている人は、少しづつ始めから看護師として成長できるような職場選びが必要です。

先輩看護師からしっかり指導してもらい、看護師として一人前になりたい、少しづつレベルアップしたいと希望している人です。

そのような人は普通に新人看護師として、大学病院など大きな病院に就職して仕事を覚えていくと良いでしょう。

しかし30代で家庭を持っていて、看護師として就職を考えている人は、家庭と仕事の両立ができる職場選びをする必要があります。

自分の希望と現実は違いますから、すぐに挫折して職場を退職してしまう事の無いように良く考えなければなりません。

家庭の心配をする必要がない人は、仕事の希望を重視して職場選びをすると良いです。医療の現場で頑張る人もいるでしょう。

しかし、急に医療の現場で働く自信や勇気の無い人ももちろんいます。看護師としては未経験なのですから、むしろその方が自然かもしれません。

そのような人は福祉の現場で仕事を覚えていくことも必要でしょう。福祉施設は、直ぐに注射など看護師の基本となる看護技術を必要としない職場です。

医療よりもケアが中心ですから、看護師として初めての職場としては入りやすいかもしれませんね。潜在看護師の場合には、一般的には福祉の施設から取り組む場合が少なくありません。

30代の看護師が未経験な仕事をする時の注意点は?

まず未経験の看護師は、潜在看護師ですから、就職する場合には講義や研修を受けてから就職するのが良いでしょう。

潜在看護師でも、看護師が未経験という人は少ないかもしれません。

看護師の経験が全くないのですから、市役所や医療機関などに問い合わせて、研修などが開催されていないか確認すると良いです。

研修や講義などの受講を済ませてから、看護師の仕事に自信が持てるようであれば医療機関への就職もできるでしょう。

あまり自信がないという人は福祉施設の方が働きやすいかもしれません。自分に合った職場選びが大切です。

自分に合わない職場に就職して、益々看護師の仕事に自信を無くすことのないようにしたいですね。

病院などを選んで就職する場合には、看護師の仕事が未経験であることをスタッフに伝えておくことが望ましいですね。

変に誤解されて、人間関係が悪くなることのないように注意しなければならないでしょう。「仕事ができるのにしない人だ」と誤解されても困ります。

指導してくれる先輩看護師が、自分よりも年齢が上の場合もあります。しかし先輩看護師には違いありませんから、丁寧な態度で仕事を教えてもらいましょう。

30代で看護師の仕事を始める場合に、もし家庭を持っていた場合には家族の理解を得ておくと良いです。仕事が不規則ですから、家族に迷惑をかけることも少なくないのです。

夜勤や日曜出番もありますし時間外勤務もあります。夫や家族の協力なしに看護師の仕事を続けることは不可能に近いです。

子供を育てながら看護師の仕事を始めようとする人は、夜勤業務の無いクリニック勤務などが適しているでしょう。

転職サイトランキングを見る