30代で看護師が資格をとる時は、どんなものがありますか?

看護師が30代で、資格を取得しようと考えることもあります。資格を取得して職場で役立てたいと考える時です。

又は新たな分野の仕事を始めたいと考えて、新しいことに挑戦しようと考えた時です。看護師であれば、助産師や保健師の資格取得を目指す人もいます。

また、専門看護師や認定看護師の資格取得を目指す人もいます。専門看護師や認定看護師になると、同じ看護師を指導する立場になります。

看護師としての仕事に誇りを持ち、患者さんの役に立ちたいと考えている看護師にとってはやりがいのある仕事です。

職場としても認定看護師や専門看護師がスタッフに居ることで、職場の信頼を強めることが出来ます。

また、地域の評判も上がることが予測されますから、資格取得を目指す看護師を応援またはサポートしてくれるでしょう。

専門看護師や認定看護師の他にも資格はいろいろありますし、それぞれの看護師の考え方や夢なども資格は関係してきます。

30代で看護師の資格は取れる?

30代の看護師が資格取得を目指すこともありますが、30代で初めて看護師の資格取得を目指す人もいます。

それまで他の職種で社会人として働いていた人が、看護師になることを望み、資格取得を目指すのです。

全く問題はないです。何歳になっても夢を持つことや目標を持つことは素敵ですし、だれも止めることはできません。

それに夢を持つことで、夢だけで終わらなくなる所が良いですね。夢が夢でなくなるところに、夢を持つ人に対する妬みさえ生まれます。

職場や家族の協力を得て勉強をし、まず看護師になるための学校に入学しましょう。

3年間学校で頑張って勉強をすると、看護師になるための国家試験を受験する資格が得られます。

看護学校によって試験科目やいろいろ条件が違いますから、どこの学校を受験するかについて検討すると良いですね。受験する看護学校が決まったら、その学校に合格する為に頑張りましょう。

合格し看護学校に入学してしまえば、半分は大丈夫です。勉強して実習をして3年間看護の勉強に明け暮れます。

合格率は毎年どこの学校も90パーセント以上です。看護学校を卒業する頃には、ほとんどの学生が国家試験の合格するレベルになっています。

それに合格すると晴れて新人看護師として働くことが出来ます。何歳でも、30歳でも新人看護師と呼ばれて、職場では先輩看護師からの指導を受けることになります。

30代で看護師の資格をとるメリットは?

新しい人生設計ができます。看護師になれば、今までと違った道が幅広く開かれます。

看護師の職場は病院だけではなく、あらゆるところがあります。クリニックやデイサービス、訪問看護や老人ホーム、幼稚園や学校、福祉施設や会社などもあります。

それに勤務形態も様々です。日勤だけでなく夜勤があったり、休日出勤があったり、不規則な勤務なのでマンネリ化した仕事に慣れる、飽きるという事がないかもしれません。日々の仕事の他に研修や講義などもあり、忙しくて飽きている暇もありません。

給料は一般の企業の女子よりも高額でしょう。しかし、勤務内容を考えると仕事がきついので、実質的にはそれほど高額とは言えないかもしれません。

看護師不足のせいで夜勤の回数が多かったり、時間外勤務が多かったりします。手当は増えるかもしれませんが、身体的疲労と精神的疲労もついてきます。

しかし反面、人の役に立つことが出来るという気持ちが生まれて、仕事に対するやりがいを持つこともできます。

看護をして患者さんに喜ばれたり、病気が治って退院する時など患者さんとともに喜ぶことが出来ます。

仕事に対する欲が出てくると、もっと看護師としてレベルアップしたいと考えるようになります。より難しい職場、困難な職場を選択して転職していく看護師もいます。

頑張って仕事をしていても、忙しさで肉体的精神的に疲労が蓄積されて、ストレスになることがあります。

それでも我慢して働いていて、看護師自身が病気になることもありますから、健康に関する自己管理には特に注意が必要です。

転職サイトランキングを見る