30代 看護師が辞めたいと思う時の理由は?

30代の看護師が辞めたいと思う時の理由はいろいろあります。

それぞれの看護師を取り巻く環境によって、その理由も様々に異なります。

30代であっても、年齢に関係なくいじめの問題が発生している場合もあります。そのような場合には特に辞めたいという感情が湧くでしょう。

そのような理由でなくても、辞めたいと思う時はありますね。どんな職種の職場でも同じだと思いますが、生きているといろいろなことが起きます。

それらを一つづつ飛び越えて進んでいくわけですから、辞めたいと思う感情もクリアしていかなくてはなりません。

どのように解消していくかについては、辞めたいと考えている内容によって異なります。

結婚をする為に職場を辞めたいと考えている場合には、辞めるより方法がないか、ほかに手段がないかを考えます。

結婚をするにあたり、看護師を続けることについて夫の理解や協力を得る為に、しっかりコミュニケーションをとることが出来たかについて考えます。

仕事を辞めないで看護師を続けることはできますか?

また勤務条件について、どこで協調することが出来るかについて話し合います。

常勤なら納得できないけれども、非常勤であれば了解してくれるかもしれません。

または夜勤さえしなければ、夫の理解を得て仕事を継続することが出来るかもしれないのです。

その場合には職場に掛け合って、勤務内容についての希望を申し入れると良いでしょう。

勤務内容の希望が受け入れられなかった時には、現在の職場を辞めて転職しなければならないでしょう。しかし、看護師の仕事自体を辞めることはないわけです。

勤務条件について納得できないのでやめたいと考えている看護師もいます。

仕事がすごく忙しいのに、給料はそれに見合ったものではないと考えている看護師は、職場を辞めたいと考えているかもしれません。

また人間関係がうまく行かず、職場で働き続けることについて悩んでいる看護師もいるでしょう。

または、看護師としての勉強を続けたいと考えている看護師は、今の職場を辞めて、そのことを認めてくれる職場に転職したいと考えているかもしれません。

職場のサポート体制がしっかりしているのであれば、看護師として働きながら勉強をする環境を整えてくれるでしょう。

今勤務している職場の上司に相談することで、職場全体でサポートをしてくれることになるという場合もあります。

最初からあきらめないで、辞めることを考える前に、やれるだけのことを実行してみると良いでしょう。

私の勤務している病棟では、一人の看護師の意思を尊重して、勉強することをサポートしてくれ、勤務内容についても協力体制になった例があります。

本人の希望を入れて日勤はすべてなしで、夜勤専従にして、勉強する時や学校に行く時には休日や年休がもらえます。まずは、自分の希望を職場や上司に伝えてみましょう。

30代の看護師が辞めたい時にすることは?

辞めたいと考えている看護師は、まず看護をしている友人や尊敬できる先輩看護師、上司などに相談をする良いです。

考え方が似通った友人や、経験が豊富な先輩看護師などが、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

家族と話し合い、職場を辞めない方向で良い知恵を出し合うことができるかもしれません。又は、早速看護師転職サイトなどで相談をする人もいるでしょう。

色々なパターンを考えて、何が一番自分に適しているのかについて熟考をすると良いですね。今の職場を辞めてよいこと、悪いことを書き出してみます。

新しい職場に勤務しての長所は何か、よくなところはどこかなどについて冷静に考えてみます。自ずと、どちらが自分にとって得な事なのかが浮き出てくるでしょう。

家族や職場のことも大切ですが、そのことを重要視しすぎて自分のことを後回しにすると、結局後で後悔することになります。

その時に再び次の職場を辞めることにならないようにする為にも、自分に正直に、自分の気持ちを大切にして決断すると良いですね。

転職サイトランキングを見る