30歳の看護師の平均年収はどれくらいですか?

30歳の看護師の一般的な年収、あなたは気になりますか?

厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」による30代前半の平均給与額です。男性看護師(30歳~34歳)の年収は496万7200円です。月額給与は33万2600円でボーナス97万6000円です。

女性看護師(30歳~34歳)の年収は460万4100円です。月額給与は32万100円でボーナスは76万2900円です。20代は男性より女性のほうが給与額が高かったのですが、30代前半では逆転しています。

これは、女性の30代前半という年代は出産や子育ての関係で、夜勤をしなくなったり、時短制度を利用している看護師が多くなるからです。

では、一般の方の平均の給与額と比べてみましょう。一般平均の月額給与は、男性(30歳~34歳)で27万8400円、女性(30~34歳)で23万2700円です。

一般平均よりも看護師としてのキャリアについて考える時期でもあります。

すでに看護師経験が10年以上になり、職場ではリーダー的存在になっているでしょう。重要な仕事を任されたり、後輩の指導をする看護師も多くなっているでしょう。

そのような状況で、今後の看護師としてのキャリアアップを考える機会も増えているはずです。認定看護師や専門看護師として幅広く活躍するかについて悩み考えるでしょう。

病院によっては、認定看護師の資格取得するまでにサポートしない事を方針に挙げている医療機関もあります。サポートのない病院では、資格取得のための研修期間(6ヶ月)は休職扱いになり、給与は全く出ないのが普通です。

研修費用の支援や資格手当もないので、認定看護師を目指す場合には、サポート体制のある職場に転職する事を考える必要がありそうです。

反対に研修中の給与を保障し、研修費用の一部を支援してくれる医療機関もあるのです。サポートしてくれる病院に勤務している場合には、資格取得のための自己負担金は小額で済み、さらに資格取得後は認定看護師手当が支給されます。

キャリアアップと30歳の看護師が将来を考えてしっかりとした目標を持つ事は大切ですね。

目標への道筋ができていれば結果的には、子育てする時にも、病院勤務をして夜勤をする必要がなくなるかもしれません。

活動範囲が広がりますから、給料アップの為に夜勤に執着しなくても良いのです。活動範囲を広め、幅広く社会に貢献する事が出来るでしょう。

30歳の看護師はどんな生活をしていますか?

30歳の看護師は、そろそろ結婚を考えているでしょうし、すでに結婚している看護師もいるでしょう。また結婚には全く興味がないという看護師もいるでしょう。

経済的に30歳の看護師は自立しているのですから、男性と結婚して余計な苦労や面倒な事は嫌だと考えている人が多いようです。

それとは逆に、早く子供を持ちたいと考えている30歳の看護師もいます。 看護師としての人生を送るなかで、どちらの人生を選ぶべきかを選択する所に近づいているというのが30歳です。

結婚する友人や独身をつらぬく友人たちの間で、右往左往している30歳の看護師もいるでしょう。 仕事一筋に生きる事を決めて、キャリアアップに向けて頑張っている30歳の看護師もいるでしょう。

より、新人を指導する立場にいる30歳の看護師も多いでしょう。

責任ある立場に、早々とついている看護師もいるかもしれませんね。結婚の時期は、男性との出会いが早いか遅いかによっても異なってきます。

早くに良い相手に出会えている場合と、出会いが遅れている看護師の場合には、就職や転職、育児休暇などの看護師人生が違ってきます。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る