40代の独身看護師さんはどんな悩みを抱えているのでしょうか?また、どういう働き方をすれば、その悩みを解決できるのでしょうか?今回は40代の独身看護師さんのためのお話をしましょうね。

40代の独身看護師は将来の不安が出てきますね

40代の独身看護師さんは、どのような悩みを抱えているのでしょうか?

悩みは人によって異なりますが、40代の独身看護師さんが抱えている悩みで一番多いものは、将来・老後の不安ではないでしょうか?

40代になると、そろそろ老後のことを考え出す時期ですね。定年になったらどうしようと不安になるものです。

特に独身看護師さんは、配偶者も子どももいません。もちろん、今後結婚することもあるでしょうけど、独身のまま定年退職を迎える可能性もあるでしょう。

独身のまま定年退職を迎えた場合、老後は1人です。40代の看護師さんは何歳から年金を貰えるか不透明な部分がありますし、国の財政的に本当に年金を支給されるのか疑わしい部分もありますから、やはり老後を不安に感じてしまうのです。

40代の独身看護師は自由なのですよ

40代の独身看護師さんは、既婚の看護師さんに比べて、「老後は1人」という不安を持っています。でも、独身だからこそのメリットもあるのですよ。

40代の独身看護師さんは自由です。これは、本当に大きなメリットだと思いますよ。

既婚の40代の看護師さんは子どもの進路のストレス、自分の親だけでなく旦那さんの親の介護に関するストレスなどを抱えています。

さらには、旦那さんと上手くいかずに、家庭内別居のようなストレスを抱えていることもあります。独身なら、そんな悩みを抱える必要はありません。

また、家事や家族の関係で夜勤に入れない等の働き方の制限もありません。そして、子どもの進学費用に頭を悩ませることもないのです。

金銭面でいえば、自分の生活する費用と老後の資金の心配をすれば良いので、40代の独身看護師さんは同年代の既婚の看護師さんに比べて、様々なストレスや制限がなく自由に働けるのです。

40代の独身看護師は専門性を高める働き方をしましょうね

40代の独身看護師さんの悩みと取り巻く環境をお話しました。40代の独身看護師さんは悩みを解決して、さらに40代の独身看護師の自由な環境を活かした働き方をしましょう。

その働き方とは専門性を高める働き方です。専門性を高めれば、お給料がアップしますので、老後の資金をガッチリ溜めることができます。

老後の資金が潤沢なら、早めに高級老人ホームに入居して、悠々自適の生活を送れば良いので安心です。

また、専門性を高めるには、自由な時間が必要です。「残業はできません」とか「研修に参加できません」などの制限があれば、専門性を高めていけませんが、独身ならそんな制限はなく、専門性を高めていくことができます。

そして、制限なく働くことができれば、キャリア的に同年代の既婚の看護師さんに一歩も二歩もリードすることができますよ。

もし、今主任や師長などの管理職に就いている人は、看護管理を極めて、看護部長や副院長を目指しましょう。看護部長や副院長を目指すなら、日本看護協会の認定看護管理者の研修を受けておくと良いですね。

また、認定看護師や専門看護師の資格を取得して、スペシャリストを目指すのも良いでしょう。

「40代で今から勉強するの?」としり込みするかもしれませんが、40代で認定看護師や専門看護師を目指す看護師さんはたくさんいます。

これも、独身だからこそできることですね。既婚の看護師だったら、40代で大学院に入学するなんて、なかなかできませんから。

専門性を高めていく働き方をすれば、経済面での老後の心配は要りませんし、独身の自由を活かした働き方ができるのです。

もし、今の職場では専門性を高められないという場合は、早めに転職したほうが良いですよ。年齢が上になればなるほど、転職のチャンスは減りますので、今が転職の最大のチャンスと言えるかもしれません。

看護管理を極めていける病院や認定看護師や専門看護師を目指す時に支援制度を使わせてくれる病院を探すなら、転職支援サイトを使いましょう。

転職支援サイトなら、主任や師長などの役職付きのまま転職できる求人を紹介してくれます。

また、キャリアアップのための支援制度がある病院をピックアップしてくれますので、専門性を高める働き方ができる病院を簡単に探すことができるのですよ。

転職サイトランキングを見る