40代の男性看護師が転職するなら、どんな職場に転職すると良いのでしょうか?40代の男性看護師が転職するのにおすすめの職場を3つご紹介しますよ。

40代の男性看護師におすすめの転職先=大規模病院の精神科病棟

40代の男性看護師におすすめの転職先の1つ目は、大規模病院の精神科病棟です。

40代の男性看護師さんは、今まで女性看護師ばかりの職場で働いてきて、女性に気を使うことに疲れたのではないですか?

そんなあなたには、大規模病院の精神科病棟がおすすめですよ。大規模病院は男性看護師の割合が多いのです。

さらに、精神科病棟も男性看護師の割合が高めです。

そのため、大規模病院の精神科病棟は、男性看護師の割合が最も高い職場と言うことができるのです。

職場に男性看護師が居てくれたら、男性看護師ならではの苦労を分かち合えるのにと思ったことが何度もあると思います。

大規模病院の精神科病棟なら、男性看護師があなた以外にもいるはずですから、いつでも苦労を分かち合えるのですよ。

同じように男性看護師の割合が多い職場には、大規模病院の救命救急センターやICUがあります。でも、救命救急センターやICUは夜勤が多いし、いつも忙しいのですよ。

いくら男性と言えども、40代になると体力的に衰えてきますね。特に男性看護師さんは、女性看護師から力仕事を任されることが多いので、腰痛に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ですから、若手の男性看護師には救命救急センターやICUはおすすめできるのですが、40代の男性看護師さんには、あまりおすすめできないのです。

それに対して、精神科病棟は救命救急センターやICUに比べて力仕事がなく、ゆとりを持って働けますので、40代の男性看護師さんにおすすめなのですよ。

40代の男性看護師におすすめの転職先=手術室

40代の男性看護師におすすめの転職先、次は手術室です。

40代になると、夜勤がきつくなってくると思います。生活リズムの変化に身体がついていかず、いつまでも疲労が抜けないという人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、手術室なのですよ。手術室はオンコールや当直はあるものの、夜勤はないところが多いのです。日勤のみの手術室もあります。

そのため、夜勤に疲れた40代の男性看護師さんにはおすすめなのです。

しかも、手術室は男性看護師が多い職場ですし、手術中は患者さんの意識がないことが多いので、女性患者の排泄介助ができないなど、性別に関することで気を使うようなこともないのです。

40代の男性看護師さんは一家の大黒柱ですから、夜勤をしないことで収入減が心配になると思います。

でも、オンコールや当直制がある手術室なら、当番の日に緊急手術が入って働いた場合は、しっかりと時間外手当がつきますので、夜勤をやっている時と比べて大幅に年収が下がることはないでしょう。

それでも、夜勤に入るよりも体力的には楽だと思いますので、夜勤がきつい40代の男性看護師さんは手術室への転職を考えてみると良いですよ。

40代の男性看護師におすすめの転職先=小児科

40代の男性看護師さんにおすすめの転職先、最後は小児科です。小児科というと、女性看護師の職場というイメージがありますね。でも、そんなことはないのですよ。

小児科には長期入院をしている子どもが多いのですが、子どもが生活をする上で、健やかに成長するためには、父親の存在というものはとても大切なのです。

もちろん、入院している子どもたちにも父親はいますが、入院環境によってはいつもお父さんが面会に来れるというわけではありません。

そういう時に、小児科に男性看護師がいると、父親的な役割・存在になれますので、小児科では男性看護師が重宝されるのです。

40代の男性看護師さんは、実際にお子さんがいらっしゃる方が多いと思いますので、子どもと接するのにも慣れていると思いますし、どうすると子どもが安心するのかなどもわかっていると思います。

そのため、40代の男性看護師さんが転職するなら、小児科を候補に入れておくと良いですよ。

最初にも言いましたが、大規模病院は男性看護師が多いので、大規模病院の小児科を選んでくださいね。

40代の男性看護師が転職するなら、転職支援サイトを使うと良いですよ。転職支援サイトなら、大規模病院の精神科病棟や手術室、大規模病院の小児科の求人を扱っています。

自分で転職活動をすると、配属希望が叶わないことがありますね。小児科を希望したのに、循環器内科に配属になったり、手術室を希望したのにICUに配属になってしまったら、転職した意味がありません。

でも、転職支援サイトなら、担当コンサルタントが病院側と配属交渉をしてくれますので、確実にあなたが働きたい部署に配属になるのです。

転職サイトランキングを見る