40代の看護師が再就職を決意する理由は?

慣れ親しんだ職場を退職して再就職を考えるには、それなりの理由があります。40代であれば、職場でのある程度の立場もできて役職についている看護師も少なくないでしょう。

其の頃に退職を考えるのは、結構精神的につらいものがありますね。できればその職場に骨をうづめたいと考えるのが普通だからです。中間管理職になって、上司と部下の板挟みになって悩んでいる年齢でもありますね。

精神的に参ってしまって退職を考える看護師も少なくないです。家庭の理由で退職する看護師もいます。親の介護だったり、孫の子守りだったりする事はあります。

また夫の転勤についていく看護師もいますね。どちらかというと職場の都合で退職するというより、家庭の都合や健康面など私的なことで退職する看護師の方が多いでしょう。

仕事面での理由で退職を考えるのは、もっと若い時か、もう少し年配になってからです。若い時には、仕事に対する希望が大きいですから、その夢をかなえるための転職です。

年配になってからの転職は、自分の健康に合わせた職場に転職しようと考えるからです。

40代の看護師の再就職先として適しているのは?

40代で再就職を決めるのですから、仕事に対する条件は激務か否かでしょうね。夜勤が少ない病棟であったり、時間外勤務がない仕事を探す事が多いです。

病院勤務でなくても、仕事が比較的きつくないクリニックなどを選択する看護師は少なくありません。看護師の仕事は肉体労働なので、長く看護師をしていると、腰痛などいろいろ体に不調が出てくる事があります。

まず身体に負担の少ない職場を探す事を考えます。デイサービスや老人ホームの福祉施設や、訪問看護などをして働くことも良いかもしれないですね。

生命の危機と直接かかわる病棟勤務の看護師より、精神的にも肉体的にも負担は少ないはずです。夜勤がないだけでも身体にかかる負担は減ります。

40代の看護師の再就職、ブランクがある場合には?

長く看護師として働く事をしないで家庭に入っていた看護師も、家庭の事情で働かなければならない環境になることがあります。看護師として働く事を不本意に考えている看護師です。

そんな看護師に向いているのは、医療とはかけ離れた職場で看護師を募集しているところで働く事です。デパートや会社など、看護師を募集している一般の会社も少なくないのです。

集団検診新車にのって、会社を回る仕事もあります。看護師としての仕事より、検査などの介助をしている感覚です。健康な人の健康管理の方が、治療中の患者さんの看護よりも接しやすいかもしれません。

看護師として働きたいと思いながらも自信がなく家庭にいた看護師もいます。 そんな看護師には、医療業務の少ないデイサービスや介護施設などから仕事を始めるのが良いでしょう。

看護師としての勘を取り戻して自信が持てるようになってきてから、病棟やクリニックなどで看護師業務をするのも良いかもしれませんね。

40代で看護師が再就職しても後悔はしない?

看護師の資格があるのであれば、何歳からでも看護師として働くことが出来ます。社会に貢献しているのですから、自分の生き方に満足しても後悔はしないでしょう。

むしろ、生き生き目的を持って生きる事が出来るでしょう。40代ではまだまだ若いです。目的を持って働く事を勧めたいですね。知識や技術を覚えるのに遅い時期ではありません。

40代で病棟に再就職しても、最近ではプリセプター制度などがあります。やる気さえあれば、スタッフはちゃんと見ています。好意的に指導してくれます。

分からないところがあれば、質問すると教えてくれます。理解した事は、もちろんメモを持って書きとめます。

聞き流して何度も同じことを平気で質問するようでは、スタッフの仕事の邪魔になるだけです。自分の気持ちさえしっかりしていたら、スタッフの一員として看護師の仕事をやりがいを持ってできるでしょう。

転職サイトランキングを見る