40代の看護師が未経験の場合、どんな職場で働くと良いのでしょうか?40代の未経験の看護師さんが働く時の職場選びのポイントを教えましょうね。

40代の看護師が未経験の場合は、今後どういう看護師になりたいかを決めましょうね

40代の看護師が未経験で働く場合、どんな職場を選べば良いのでしょうか?あなたは40代になってから、看護師としてのスタートを切ることになったのですね。

40代になってから看護師のスタートを切るなんて、遅すぎるかしら?と思うかもしれませんが、「遅すぎる」ということはありませんよ。40代の未経験の看護師でも、看護師としてのスタートを切ることができます。

では、40代の未経験の看護師さんは、どんな職場を選ぶと良いのでしょう?

本来なら、未経験の看護師は急性期病院に入職して、一通りの看護知識・看護技術を身につけてから、自分のやりたい看護、働いてみたい職場へ転職すると良いのですが、40代の未経験の看護師さんの場合は、ちょっと事情が違ってきます。

40代の場合、定年退職まであと20年を切っていることになりますね。人によっては10年程度しかないという場合もあるでしょう。

そのため、「まずは急性期で経験を積んでから、希望の慢性期へ転職して」のように方向転換をしているような時間はないのです。

ですから、40代の未経験の看護師さんは、求人を探す前にどんな看護師になりたいのか、急性期をやるのか、慢性期が良いのか、介護施設が良いのかなどをきちんと決めましょう。

そして、どんな看護をしたいのかを決めたら、それができる職場の中から、できるだけ教育制度が整っているところを選ぶことをおすすめしますよ。

40代の看護師が未経験で働く場合、体力的なことも考慮しましょうね

40代の看護師が未経験で働く場合、体力的なことを考慮して職場を選ばなければけません。40代になると、体力的に衰えてきますね。

未経験の看護師が働きだすと、緊張しながら働くことになりますので、いつも以上に疲労を感じます。それに、覚えなければいけないこと、勉強しなければいけないことがたくさんあるので、本当に疲れるのです。

体力がある20代前半の看護師さんだって、未経験で働きだした場合は、疲労困憊で体調を崩すことがあります。20代前半の看護師さんだって辛いのですから、40代の看護師さんにとっては、相当辛いことは覚悟しておかなければいけません。

そのため、職場を選ぶ時は、体力的にきつくないところを選んだほうが良いと思いますよ。疲れてクタクタな中で働いていても、長続きはしませんから。

自分の年齢としっかり向き合って、できるだけ無理なく働けるところを選んでくださいね。

40代の看護師が未経験の場合は、職場の看護師の年齢層も要チェックですよ

40代の看護師が未経験で働く場合は、職場の看護師の年齢層も要チェックですよ。特に、急性期病院への就職を考えている40代の看護師さんは、気をつけてください。

急性期病院は20代の若い看護師さんが多いので、40代の看護師、しかも未経験の看護師が入職すると、職場で浮いた存在になってしまうことがあるのです。

未経験のあなたが入職すると、プリセプターをつけてくれると思います。プリセプターはあなたをマンツーマンで指導してくれる存在です。

でも、そのプリセプターが20代だったらどうですか?あなたの娘のような年齢の若い看護師に、指導されることになります。

40代で未経験なのですから、先輩看護師があなたよりも若いのは仕方がないことなのですが、それでも少しモヤっとしますね。

また、職場の先輩看護師が全員20代、あなただけ40代という中で働くのは、かなりのストレスを感じると思います。

ですから、40代の未経験の看護師さんが職場を選ぶときは、職場の看護師の年齢層をチェックする必要があるのですよ。

急性期看護をやりたい人は、ケアミックス型病院の急性期病棟を選ぶと良いかもしれません。ケアミックス型病院なら30代以上の看護師さんが多く活躍していますから。

クリニックや療養型病院、訪問看護ステーション、介護施設に就職する時も、職場の看護師さんの年齢層はきちんとチェックしましょうね。

40代の看護師が未経験の場合、新卒でないなら復職支援研修に参加すると良いでしょう

40代の看護師が未経験で就職する場合の職場選びのポイントを3つお話してきました。

この3つのポイントは、40代になって看護師免許をとった人にも、看護師免許を持っていたけれど40代まで看護師として働く機会がなかった人にも共通のポイントです。

次は、看護師免許を以前に取得していたけれど、今まで看護師として働く機会がなかった40代の未経験の看護師さんが就職する時のポイントをお話しますね。

20代・30代で看護師免許を取得したけれど、看護師未経験の人もいますね。そして、40代になって心機一転看護師として働こうと思った場合、不安になるのは「40代なのに未経験」ということもありますが、看護師免許を取得してから時間が経っているということだと思います。

40代になって看護師免許を取った人は、国家試験を受験してすぐに働きだしますので、看護師として必要最低限の知識を身につけた状態で働きだしまね。

でも、20代・30代で看護師免許を取って、40代で働きだす場合は、看護学校で勉強したこと、国家試験のために勉強したことをきれいサッパリ忘れてしまっている場合が多いですね。

そんな状態で看護師として働きだしたら、ただの素人がいきなり看護師の仕事をするようなものですから、危険極まりないですし、あなた自身もどうして良いかわからないと思います。

そうなる前に、看護協会の復職支援研修を受けてみませんか?看護学校で学んで国家試験に合格したのですから、ちょっとしたきっかけがあると、すぐに思い出せるはずです。

そのきっかけが看護協会の復職支援研修です。各都道府県の看護協会は、ブランクがある看護師さん向けに復職支援研修を開いています。

この復職支援研修は、一度看護師として働いた経験がある人向けのものですが、看護協会に未経験であることを相談すれば、きちんと対応して、基礎中の基礎から教えてくれるはずですよ。

復職支援研修を受けて、自信を取り戻してから、就職先の求人を探すようにしてはいかがですか?

40代の未経験の看護師が就職先の求人を探すなら、あなたがやりたい看護ができる職場の中でも教育制度が整っていること、体力的にきつくないこと、職場の看護師の年齢層が高いことをチェックする必要があります。

これらのことを確実にチェックするためには、転職支援サイトを使いましょうね。転職支援サイトなら、担当コンサルタントがあなたに代わって細かい部分まで調べてくれます。

そのため転職支援サイトを使うと、40代の未経験の看護師さんでも、それほどストレスがなく、仕事に早く慣れることができる職場で働くことができるのですよ。

転職サイトランキングを見る