50代の新人看護師について。

人生長くいろいろありますから、50代で一念発起する人もいます。50代で再就職してくる新人看護師は時々います。

再就職して職場が新しくなりますから、50代であり看護の経験が豊富であっても新人看護師と言われますね。しかし看護学校卒業したての50代の看護師には、まだあったことも一緒に働いた事がありません。

働きながら正看護師の資格を取得した30代の看護師は、以前働いていた職場にいたのです。その準看の看護師は、夜勤の時も暇を見て良く勉強していたのです。

50代で看護師を目指したとしても不自然ではありませんし、資格さえ取得してしまえばその先は看護師として安泰です。今後は看護師不足の解消のために、看護師の退職年齢が70歳まで上がるといわれています。

50代の看護師はまだまだ働くことが出来ます。その為には自分の体力や健康にあった職場選びが必要です。看護師として好きな仕事や診療科があればそのことも踏まえて考えてみましょう。

50代の新人看護師の就職先は?

看護師の仕事は一般に肉体労働であるとも言われています。きつい汚い危険というのが看護師の仕事の代名詞のようになっています。

確かに看護師は感染する危険性が高い職場で働いています。排泄物も扱いますし、患者さんを抱えるのですから体力的にもきついのです。医療病棟の職場では、体力的にも精神的にも疲労が大きいです。

介護病棟でも体力勝負といわれます。救急病棟では、50代では忙しい職場できびきびと対応する事が困難です。福祉施設など、体力的にそんなにハードではない職場であれば、50代の新人看護師であっても問題はありません。

クリニックなどでは夜勤業務もなく、体力的に問題なく勤める事が出来ますね。職場選びを慎重にさえすれば、長く勤める事が出来るでしょう。

50代の新人看護師の勤務形態は?

やはり夜勤などがある病棟勤務はきついかもしれません。病棟勤務でも。日勤ばかりの勤務であればこなせるでしょう。しかし病棟勤務で日勤のもの勤務の場合には、非常勤扱いになるところが多いのです。

夜勤の無い病棟勤務の場合に、パートやアルバイトなどの非常勤として就職することになるでしょうね。病院勤務を希望する場合には、外来が良いです。

外来であれば夜勤はありませんし、日曜日の出勤や時間外勤務がないからです。病院勤務にこだわらばいのであれば、働く職場の選択範囲は広まります。

常勤でも非常勤でもクリニックであれば、高度な医療や肉体労働もなくゆとりを持って仕事ができるでしょう。非常勤勤務には、派遣の仕事もあります。

仕事のできる日を自分で決める事が出来るので、ゆとりを持って働く事が出来ます。常勤の場合は少々体調が悪くても、スタッフに迷惑がかかるので無理して出勤しなければなりません。

非常勤であれば身体の様子などを見ながら働く事が出来るので健康には良いかもしれませんね。

50代の新人看護師を受け入れる職場は多い?

看護師として働く職場は幅があります。年齢に関係なく看護師を募集している会社や医療機関、福祉施設は沢山あります。その中から自分の条件に合う職場を見つける事が大切です。

看護師として働く場合には一般的に夜勤や日曜出勤が付き物です。その事をどうするかまず考えます。その次には常勤か非常勤にするか考えます。

家庭の事情や自分の健康の事など、自分を取り巻く環境について考えるのです。どれくらいの頻度で、何時間ほど働く事が出来るかは職場を選ぶ時には重要な事です。自分がこれからどんな仕事をしたいかということも大切な事です。目的や希望などをまとめてみましょう。

医療に関わって働きたいか、地域の人に福祉面で貢献したいか、病気を予防することに関わっていきたいかなど考えて決めます。看護をしたいか介護に力を入れたい化によっても職場は変わってきます。経済的なことも考えて人生設計を立てるのも良いですね。

転職サイトランキングを見る