看護師の72時間ルール、守られていますか?

看護師の夜勤時間にもルールがあります。72時間ルールです。一ヶ月の夜勤時間に制限があるのです。72時間を超えられないということです。

72時間以内でなければならないというこの規則は、72時間ルールと呼ばれています。そうしなければ、点数の低い特別入院基本料を算定しなければならないそうです。

それでは病院が損をしますから72時間ルールは守らなければなりません。

看護師の72時間ルールとシフト

私たちの病院は二交代勤務です。夜勤回数は、ひとりの看護師が多くて4回までしています。少ない看護師では2回です。一ヶ月に3回夜勤をする看護師が一番多いです。

看護師長が勤務表を作成するときに決めるのです。4回夜勤をする看護師は看護師長に4回出来ることを前もって伝えているのです。

夜勤の回数が増えると給料も増えますから経済的には良いかもしれません。2回夜勤する看護師は看護主任です。なるべく日勤していて欲しいので看護師長がそうしているのです。

看護師の72時間ルール・・・勤務事情は人それぞれ

子供が小さかったり、家庭の事情で日勤だけを希望する看護師もいます。パートでなくて正社員でも夜勤しなくても良いのです。

以前は夜勤のできない看護師はパート勤務だったのです。病院側も昔と違って、変わってきていますね。一ヶ月に4回夜勤をする看護師でも合計64時間なので、ラクラク72時間ルールはクリアしています。

三交代勤務体制の病院では、準夜勤と深夜勤を合わせて8回の夜勤回数の病院がほとんどです。一ヶ月の夜勤時間が64時間なので72時間ルールを超過する心配はいりませんね。

72時間勤務では第一身体が持ちません。介護度の低い患者さんばかりの病院でなければ無理です。だから実際には72時間を超えている病院はないと思います。

それに入院基本料が低くなっては病院も損です。看護師の身体のことも心配ですが、経営者は病院の経営を第一に考えると思いますね。

看護師の72時間ルールの守られた職場へ

看護師求人サイトでは、あなたの希望する勤務条件をすべて聞いてくれます。あなたの代弁をして病院と交渉もしてくれます。あなたに合った職場を見つけてきてくれるのです。

自分に合った職場で働くことができたら不満は出ませんよ。あなたも看護師転職サービスのサイトを利用してみませんか?

さっそく登録してみましょう。無料ですから利用しなければ損です。労働条件の良い職場はあります。探さないから分からないだけかもしれません。

転職サイトランキングを見る