CCUがある医療機関とは?

CCU(冠疾患集中治療室)では、心臓血管系の疾患を抱える患者さんを対象とした専門的治療を行っています。急性心筋梗塞により亡くなる患者さんの多くは、発病後24時間以内に亡くなります

救急搬送された患者さんの状態は刻々と変化しますから、医師や救急隊と連携を図り、迅速に対応し初期治療を行います。

看護師は、救命装置などの医療機器についての知識を持ち、緊急時にもスムーズに使いこなすことができなければなりません。人命救助を第一に行いますが、突然の発症で不安に陥る患者さんや家族の精神的なケアも大切です。

CCUには集中監視装置があり、患者さんの不整脈や血圧、呼吸などについての観察を24時間体制で行います。CCUで働く看護師は、不整脈の種類などの専門的知識を熟知して、適切な判断と対処をしなければなりません。

また医師に対しては、患者さんの状態の変化については適切で迅速な報告を行ったり、緊急な指示をもらうことが必要です。

一刻の猶予もできない状況が続くので、看護師の緊張感は続き精神的にも過酷な状況下での仕事ということが言えます。疲労する分だけ、充実感ややりがいはもちろんものすごくありますね。

CCUと看護師の仕事の特徴は?

看護師がCCU(循環器疾患集中治療室)で働くと、心臓カテーテル治療などを必要とした急性期の患者さんや、心筋梗塞などの術後の患者さんの看護をします。

看護師の仕事の一つには、医師の手術の介助といった医療補助の仕事があります。またCCUの看護師は、患者さんの少しの異常や苦痛も見逃さないように観察やケアを行います。

CCUに運ばれてくる患者さんは、非常に深刻な容態で生命維持が難しいという状態にあることが多いです。CCUで働く看護師は、患者さんの状況をたえず把握しておき、異常があればすぐに医師に報告しなければなりません。

看護師の判断と迅速な対応が患者さんの命を救うこともあります。その反面、処置が遅れて命の危険にさらされる患者さんもいるために、看護師は絶えず緊張感を持って働きます

看護師としてのやりがいがある一方で、肉体的精神的に過酷な現場であるとも言えます。CCUで働く看護師の中には、ストレスを持って働いている人が少なくはないのです。

自信を持って働くことができるように、専門的な知識を身につける為に職場の勉強会にも頻繁に参加することになるのです。

自分の力以上に無理なことを続けると、身体的にも精神的にも健康な状態を保つことが困難になることがあります。

最初は一生懸命夢中で仕事をしている看護師も、いつしか疲れて脱力感を持つようになることがないように、注意したいですね。

看護師がCCUで働くメリットは?

看護師はCCUで働くと、医療機器の使い方などの知識を持ち、緊急時の患者さんへの対応もうまくなります。絶えず緊急患者さんの状態の把握や観察、医師の処置の介助をしているのです。

医療補助の仕事をしている看護師は、医師とともに行動して、医師の処置を目の当たりにしているのです。CCUで働いた経験のある看護師は、仮に転職して職場が変わったとしても、どんな仕事も難なくこなすことができるでしょう。

CCUの経験がない看護師にとっては難しい心電図を読むということも、CCUの経験のある看護師にとっては全く問題なくこなすことができるのです。

看護師としての自信はもちろんつきますが、他の看護師からの信頼を集めることもできるのです。他の看護師から尊敬の目で見られることもあるのですから、転職後の看護師としてはCCUの経験は強みになります。

CCUに勤務した経験から、もっと深く救急看護をやりたいという思いを持ち、認定看護師や専門看護師になるという目的を持つ看護師もいます。

そんな看護師は、専門看護師の認定を受けて、より高度な専門知識を持ち看護師としての活躍の場を広めていくことができます。認定看護師や専門看護師の支援をしている医療機関もありますから、看護師転職サイトを確認してみるとよいです。

転職サイトランキングを見る