GCUで働く看護師の仕事は?

GCUとは、集中的なケアや管理・治療を行う必要がない回復傾向に向かっている新生児のケアや管理・治療を行うところです。GCUで働く看護師の主な仕事は、治療を受けている新生児の体調管理や全身管理です。

GCUには、急性期を脱して退院へ向けて様子を見ている児が多くいますが、慢性期に入った長期入院の児もいます。また、先天性疾患などの予後不良児もいまます。

回復傾向に向かっている新生児は多いですが、退院後も後遺症を抱え、病気と付き合いながら生活をしていかなくてはいけない症例も少なくありません。

GCUで働く看護師にとっては、新生児の家族の方々への働きかけやサポート、精神的なケアは特に重要な業務のひとつとなっています。

看護師は家族や母親に対して新生児の抱き方や瓶哺乳の取り扱い方、直接母乳やオムツ交換、沐浴など退院後の生活には欠かせないケアの指導も行います。

退院までに両親が自立して育児を行い、親としての自覚を持ち自宅に子供を連れて帰ることができるように支援するのです。GCUの中には、親子関係の形成や愛着を深める援助が充実するように、取り組んでいるところが多くあります。

たとえば、祖父母や兄弟には窓越し面会ができるよう調整を行ったり、両親には日々の児の変化を伝え、児に適したケア方法を共に考えられるような関わりをします。

GCUの看護師は、抱っこの仕方や母乳の与え方、オムツ交換や沐浴など、退院後のケアの指導を行います。両親が退院後も地域からの保健指導などが得られるように、調整役としての責任も果たしています。

GCUでの仕事を希望する看護師に求められるものは?

GCUは、新生児が保育器を卒業し赤ちゃんのベッドで寝ています。また、モニターや輸液類は少なく、両親の面会時にはお風呂や授乳の指導がたくさんあります。

治療や看護の対象となる新生児には、一人一人個体差があり病状も変化しやすいのです。GCUで働く看護師は、新生児の成長や発達の段階に合わせた処置や看護を行う必要があります。

また、新生児に対するケアを行うためには、高い観察力や洞察力、アセスメント能力などが必要になります。GCUの看護師には、これらの能力が強く求められることになります。

新生児の家族は、GCUで治療を受けなければならないわが子に対する不安や悩みなどを抱え、精神的にも肉体的にも大きなストレスを抱えていることが多いのです。

処置や看護技術などの能力だけではなく、新生児をとりまく家族とのコミュニケーションや家族の精神的なケアもGCUの看護師の重要な役割になります。

GCUで看護師を募集しているところはありますか?

新生児ケアを専門的に頑張っていきたいと考えている看護師にとっては、新生児科は適している分野です。希望があれば、専門的なスペシャリストである新生児集中ケア認定看護師の資格を取得することもできます。

新生児科での経験を活かし、技術と知識を習得することは、新生児集中ケア認定看護師の資格取得をするための近道になるでしょう。

最近では、その医療や治療の難しさやリスクの大きさから新生児医療を敬遠する看護師も少なくありません。

忙しく大変な仕事の割に、リスクが大きく責任が重い分野であるということから、新生児医療を担う病院や医師も不足してきています。

子供の数が年々減少していることも原因の一端ですが、産科病棟や産科クリニックの数も減少しています。

そのため、新生児科での看護師求人はそれほど多くはないというのが現状です。新生児ケアを希望している看護師は、周産期医療を専門としている病院の看護師求人を見つけると良いです。

地域の中核病院や総合病院、大学病院などでも新生児科はあります。しかし、新生児科看護師募集という記載がない場合には、新生児科に配属される可能性は低いでしょう。

近くの地域に周産期医療を専門とする病院が無い場合には、看護師の転職サイトに相談してみてもよいでしょう。

転職サイトランキングを見る