NICUの看護師の役割は何ですか?

NICUの看護師について、あなたは知りたいのですね?一寸、説明しますので読んで行って下さいね。

NICU(新生児集中治療室)は、まだ保育器の中で成長を見守らなければならない新生児の看護を行います。新生児だけではなく、体調や精神面で不安を抱える産後間もない母親に対するケアも必要になります。

NICUで勤務する看護師は、新生児も母体も十分にケアできる看護力を養うため、日々勉強して知識を深める必要があります。新生児の生命を維持するために、NICU看護師は細心の注意を払って赤ちゃんの状態を観察します。

NICUでケアを受けている赤ちゃんは、酸素チューブや栄養チューブ、点滴類やモニターなど、いろいろな治療やケアを同時に行いながら経過を見ていかなければなりません。

NICUに勤務する看護師には、新生児の解剖学や病態理解、急性期看護の知識や技術、新生児看護の知識や技術などが求められます。

新生児に対する必要な看護ケアを慎重にかつ確実、安全に実施する力も求められることになります。新生児は症状の急変も早いですから油断はできません。

産後、自分の体も不安な状態で子供の心配もしなければならない母親の、精神的なケアもNICUの看護師の重要な仕事の一つです。

お産直後の母親は「なんとか赤ちゃんの生命が助かってほしい」という不安を抱えています。徐々に落ち着きを取り戻してくると「退院してきちんと育てられるのか」という不安を持つのです。

母親の不安が少しでも軽減するようにNICUの看護師は精神的なケアをしたり、育児に関する技術面でのケアをするのです。

NICUで働く看護師の注意点はありますか?

NICUは早産の未熟児をケアする病棟で、高度な医療技術の発達が著しい医療分野の一つです。救命だけではなく、健全な発育や後遺症のない生存を目指した新生児医療が行われています。

周産期看護におけるケアの対象は、新しい生命の誕生により祝福の中にいる人々が殆どです。しかし、流産や死産、新生児期の死などで悲しみの中にいる人々もいます。

このような家族に関わる看護者は家族の悲しみや辛さ、怒りなどの気持ちをそのまま受け止め寄り添うことが大切です。

NICUで働く看護師は、生命の尊さや母性看護の魅力を知ることができるやりがいのある職場で働いていると言えるでしょう。

それと同時に、周産期の死別を体験した家族へのケアの大切さについてもNICUで経験することができるでしょう。

NICUで働く看護の利点は?

生後28日未満の新生児を集中的に管理・治療していく施設が新生児集中治療室(NICU)です。このNICUは比較的大きな規模の病院の産婦人科に併設されていることが多いという傾向があります。

NICUで働く看護師は、赤ちゃんに対する観察やアセスメント、治療に関する看護ケアや赤ちゃんとの関わり、その家族に対するメンタルケアなどがあります。

看護師の関わりやケア内容がとても重要であり、赤ちゃんや家族の未来に大きく影響を与えることになります。

NICUでは小さな赤ちゃんが看護の対象となりますから、治療や看護ケア、観察などを行う時には細かく慎重に行わなければなりません。

成人看護を経験した看護師がNICUに転職した場合に、そのケアの細かさや慎重さに驚くのも無理はないでしょう。

NICUで働く看護師は、一般病棟では経験できない生命の誕生や生命の尊さを直接感じることができます。NICUでは赤ちゃんの両親や家族に対する看護師によるメンタルケアが、とても重要なものになります。

赤ちゃんの家族に対する精神的援助などコミュニケーションも大切ですから、その技術を身につけることもできるでしょう。独身の看護師であれば、将来自分が出産するときに役立つ経験も多くできるでしょう。

NICUで勤務する看護師の中には、新生児集中ケア認定看護師へのキャリアアップを目指している人もいます。NICUで働くことのより、看護師としての新たな目標を持つことができるかもしれません。

転職サイトランキングを見る