40代看護師はブランク後の再就職が難しい?怖いを4つの視点で解決

40代看護師はブランク後の再就職が難しい?怖いを4つの視点で解決

「40代の看護師がブランク後に再就職は難しいよね。ブランク20年だし…」

「40代でブランク後の再就職はやっぱりクリニック?だって病棟は怖いし、自信がないわ。病棟はたくさん勉強しなくちゃいけないわよね」

 

あなたは現在40代で長いブランクがあるけれど、看護師として再就職したいのですね。

ブランク後に再就職できるか不安な気持ちはわかります。

でも、心配しなくて大丈夫ですよ。

あなたは必ず再就職できますから。

 

40代の看護師がブランク後に再就職するためのポイントや年収、心構えなどをお話しましょうね。

40代の看護師がブランク後に再就職するのは難しい?

40代の看護師がブランク後に再就職したいと思った時、一番不安なことは

「どこか採用してくれるかしら?」

「看護師として働けるのかしら?」

ということだと思います。

特に、20年など長いブランクがある40代の看護師さんは不安ですね。

 

でも、大丈夫ですよ。

40代の看護師はブランク後に再就職することができます

たとえ10年以上の長いブランクがあっても大丈夫です。

 

あなたが本当に再就職したいと思い、職場選びに失敗しなければ、40代でブランクが長くても再就職することはできますよ。

 

40代の看護師がブランク後に再就職する時に年齢・スキル不足からくる「怖い」を4つの視点で解決

40代の看護師がブランク後に再就職する時には、

再就職が怖い!

と思って、ブランクから復帰することを躊躇することも多いと思います。

 

その怖いという気持ちは、よくわかりますよ。

「40代でブランクあり」というと、40代という年齢からくる怖さ・さらにブランクによるスキル不足からくる怖さがありますから。

 

でも、

「看護師の仕事が怖い。再就職が怖い」

という気持ちは当たり前のことですし、とても大切なものだと思います。。

看護師は、とても責任の重い仕事ですから、ブランクがあれば「怖い」という気持ちになるのは当たり前のことなのですよ。

ブランクがない60代の私ですら、「怖い」と思うことはあるのですから。

 

でも、私は看護師をする上で、この「怖い」と思う気持ちは大切だと思うのです。

それだけ看護師の仕事の重要性を理解し、看護師の仕事に真摯に向き合おうとしている証拠ですから。

 

「怖い」という気持ちは大切ですが、あまりにもその気持ちが強いと、ブランクからの再就職を妨げてしまいますので、怖い気持ちを軽減できるような職場を選びましょう。

怖い気持ちを軽減するためには職場選びがポイントになります。

ブランク後の再就職には、どんな職場が適しているのか?

それを4つの視点から見ていきましょうね。

 

体力的に無理かもしれないから怖いし、夜勤も怖い…どんな働き方だと無理がないか

まずは、体力的な怖さや夜勤の怖さからです。

40代でブランクがある看護師さんは、

「体力的についていけないかもしれないから怖い…」

「夜勤をやらなくちゃいけないかしら。怖いわ…」

と思うこともあると思います。

 

そのような心配があるなら、働き方を考えてみましょう。

 

  • 常勤(夜勤あり)
  • 日勤常勤
  • パート

 

主にこの3つの働き方があります。

ブランクの長さにもよりますが、いくらしっかり稼ぎたいと思っていても、ブランクが長い人がいきなり病棟の夜勤をするのはおすすめできませんよ。

体力的にもスキル的にも挫折する可能性が高いですから。

 

どの働き方を選ぶかは、あなたの体力やライフスタイル、ブランクの長さ次第です。

 

職場に馴染めるか怖い…やっぱりクリニック?どんな規模だと馴染めるか

40代の看護師がブランク後に再就職する場合、

「ブランクがある自分が職場に馴染めるのか怖い。大規模な職場はスキル的にも厳しそうだし、クリニックは楽そうだから、クリニックにしようかしら?」

と考えることが多いと思います。

 

その気持ちはわかりますが、私は40代の看護師がブランク後に再就職するなら、クリニックはおすすめしません。

常に5人以上の看護師がいる職場をおすすめしたいですね。

 

「クリニックは再就職しやすそう」

という考えは間違いです。

特に、看護師が1~2人しかいないクリニックはおすすめできません。

 

規模が大きい職場だと、同僚の看護師がたくさんいるので、困った時にフォローしてもらえるし、あなたにかかる負担・責任が少なくて済むのです。

でも、あなたしか看護師がいない職場では、あなた1人ですべてを何とかしなければいけないのです。

 

また、お子さんがいる40代の看護師さんも、一緒に働く看護師さんが多い職場に再就職することをおすすめしますよ。

看護師の人数が多ければ、お子さんの学校行事や急な発熱で休む時も、融通が利きやすいですから。

 

スキルがないから怖い…どんな難易度ならついていけるか

スキル面の不安から

「再就職が怖い」

と思う人はとても多いですね。

 

40代の看護師がブランク後に再就職するなら、

「どんな職場でどんなスキルが必要か」

と考えるようにすると良いですよ。

つまり、職場別の看護スキルの難易度を考えるのです。

 

わかりやすく言えば、15年のブランクがある40代後半の看護師が、大学病院のICUに再就職するのは無謀すぎますね。

どの職場が良いかは、あなたのブランク前の看護師経験やスキル、ブランク年数にもよりますので、一概には

「この職場が良いですよ」

とは言えません。

 

ただ、「急性期>>>療養型>>>介護施設」の順で難易度は高くなります

訪問看護もスキルは必要です。

クリニックは診療科や治療内容によりますね。

 

自分のスキルやブランク年数をしっかり考えて、職場を選びましょうね。

 

スキルがなくて怖い…パートでも大丈夫?どんな指導があれば大丈夫か

また、スキル面で不安・怖さを感じているブランクありの40代の看護師さんは、どのくらいの指導をしてもらえるのかも重要なポイントですよ。

ブランクが長ければ長いほど、丁寧な指導が必要ですね。

 

ブランクがあるのに、

「基本的な仕事はできるでしょ?え?そんなこともできないの?」

というスタンスで接してこられるのと、

「ブランクがあるから、マンツーマンで指導します。わからないことがあったら、遠慮せずに聞いてね」

というスタンスで指導してもらえるのでは、プレッシャーやストレスが全然違います。

 

40代の看護師が長いブランク後に再就職するなら、

  • 復職支援サポートがある
  • プリセプターをつけてマンツーマンで指導してれる
  • 職場全体でフォローしてくれる

このような職場なら安心です。

 

ただ、パート勤務だと、あまり丁寧に指導してもらえないことも多いですね。

パート勤務希望だけど、スキルがなくて怖い看護師さんは、地元の看護協会主催の看護力再開発講習会や復職支援研修、セミナーなどを受講すると良いと思いますよ。

 

40代の看護師がブランク後に再就職した時の年収はどうなる!?

40代の看護師がブランク後に再就職する場合、気になるのは年収だと思います。

40代の看護師の平均年収はこちらです。

 

  • 40代前半女性看護師の平均年収=4,973,500円
  • 40代前半女性看護師の平均年収=5,151,100円

出典:厚生労働省 平成30年賃金構造基本統計調査

 

ただ、ブランクがある場合は、その分経験年数が少ないですので、経験加算は少なくなり、この平均年収よりは年収は低くなるでしょう。

また、ブランクが長く、新人看護師と同じような指導が必要と判断されたら、経験加算はゼロで、新人看護師と同じ年収になることもありますよ。

 

パートの時給は地域によって違いますが、東京都だと時給1600円前後が平均になりますね。

パートの時給は基本的に経験加算はありませんので、年齢・ブランクの長さは関係なく、みんな同じ時給でスタートすることになります。

ただ、その職場で重宝されるスキルがあったら、時給が上がることもありますね。

 

40代の看護師がブランク後に再就職する時の心構え

新人看護師のつもりで

先ほどは40代のブランクがある看護師は再就職をすることが怖いと思うことが多いとお話しましたが、

中には

「ブランクがあるけれど、40代でそれなりに看護師経験があるし、若い子には負けないわ」

と思っている人もいますね。

 

40代の看護師がブランク後に再就職する時には、新人看護師のつもりで仕事をしましょうね。

「40代」という変なプライドは捨てましょう。

あなたのプリセプターは20~30代の看護師かもしれません。

でも、「指導してもらえるだけありがたい」と思って、まずは新人看護師のように謙虚な姿勢を忘れないようにして下さい。

 

40代でブランク後に再就職して失敗する看護師に多いのは

「年下に教えてもらうなんて」

と思って、仕事はできないのにプライドは高く、プリセプターにも少し偉そうな態度を取ってしまうタイプなのです。

 

面接でも現場でもやる気はアピール

ブランク後に再就職する場合、最初は仕事ができなくて当たり前です。

でも、それにあぐらをかいてはいけません。

仕事ができないなら、せめてやる気はアピールしましょう。

面接の志望動機でやる気をアピールすれば、面接官に好印象を与えることができます。

また、現場でもやる気を見せれば、みんな快く仕事を教えてくれますよ。

 

現場でも家でも頑張りすぎないで

40代の看護師がブランク後に再就職して失敗するケースでもう1つ多いものは、頑張りすぎることです。

「せっかく再就職したから頑張らないと」

「みんなに迷惑をかけないようにしないと」

と思って、頑張りすぎてしまい、勤務後に家に帰ったら、何もする気が起きないほど疲れ切ってしまうのです。

また、早く仕事を覚えないとという気持ちから、帰宅後や休みの日に自宅で勉強を頑張りすぎてしまうこともありますね。

 

仕事も大切だけど、家族やプライベートも大切です。

だから、頑張りすぎないことも、40代の看護師がブランク後に再就職する時には大切なのですよ。

 

40代で看護師がブランク後に再就職するなら、転職サイトを使いましょうね。

転職サイトなら、働き方・指導・規模・スキルの4ポイントであなたの希望に合った求人を紹介してくれますから、あなたの再就職がきっとうまくいくはずです。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

こちらもおすすめ

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる