日勤リーダーの看護師の仕事とは、どんなものでしょうか?

日勤リーダーの看護師の仕事とは、どんなものでしょうか?

日勤リーダーの看護師の仕事とはどんなものかについて、分かりやすく説明します。

日勤リーダーの看護師とは?

リーダーの仕事は病院によって少しづつ異なります。

日勤の看護師の人数や、看護師長や看護主任の有無によっても異なります。

 

病棟の患者さんを代替半分に区切って、AのリーダーとBのリーダーに分かれて患者さんを受け持ちます。

各リーダーの下には、それぞれAチームのスタッフとBチームのスタッフがいて、指示の処置はスタッフが行います。

 

しかし日勤の看護師の数が少ない時には、リーダーの看護師がリーダーの仕事の他に、処置の仕事をすべて行わなければならないこともあるのです。

 

まず、医師の指示を看護師長や看護主任が受けます。

看護師長や看護主任が不在の時に、その日の日勤のリーダーが指示を受けます。

 

患者さんの点滴内容の変更や、採血やレントゲン撮影、その他の処置など患者さんに応じた指示を受けます。

処置の看護師がいる場合には、日勤のリーダーは指示された処置をしないで処置係の看護師が実施し、リーダーは記録のみを行います。

 

処置係が忙しいときや不在の時にはリーダーの看護師自身が行います。

その日のリーダーになった看護師は、夜勤の看護師に申し送りをしますから、患者さんのすべてについて把握しておく必要があるのです。

 

日勤リーダーの看護師の仕事と注意点は?

日勤のリーダーは、まず夜勤からの申し送りをきき、夜勤帯の患者さんの状況について把握します。

他のスタッフも申し送りは聞くのですが、次の勤務の看護師に申し送りをするのはリーダーなので、抜かりなく情報を把握するためにメモを取ります。

 

午前と午後に病室を回り患者さんのバイタルチェックをし、患者さんに異常がないかを確認します。

それぞれの患者さんのバイタルについては、検温版やカーデックスの記録用紙に記録します。

 

異常があれば看護師長や看護主任に報告し、それらの情報は医師に伝わります。

看護師長や看護主任が不在の時には、日勤のリーダーが直接意思に報告し、必要な指示をもらいます。

 

日勤リーダーが一人で、大勢の患者さんの状態をすべて直接把握しようとしても無理なことが多いです。

スタッフからの情報の提供をうけながら、全て把握するという方が適切でしょう。

 

スタッフは患者さんに関わる仕事をそれぞれ別々に行います。

あれもこれも一人の看護師が行うことはできないのですから、患者さんの情報についての共有が大切です。

 

例えばリーダーが検温をして回っている時には、オムツ交換や清拭や浣腸などが行われます。

リーダーが検温をして病室を回っている時に「自尿がない」「バルンから尿漏れがある」「尿が汚い」などの情報をおむつ交換をしているスタッフから得ることができます。

 

それらの細かな情報は、すべてその日の日勤のリーダーに集められます。

リーダーは必要な情報を上司に報告するのです。

 

リーダーにはアセスメント能力と、判断力が求められます。

日勤のリーダーが適切な判断をしていない場合には、夜勤の看護師にその付けが回ってきます。

 

日勤での気づきがなかったために、又は適切な判断と処置がなかったために、夜勤で患者さんが急変するということもあるのです。

リーダーはアンテナを張って情報を収集し、患者さんの状況について把握して、必要に応じた判断を行うことが大切です。

 

看護師は誰でも日勤リーダーの仕事ができますか?

看護師の知識を持っていれば誰でもリーダーの仕事はできます。

しかし、アセスメント能力が足りなければ、適切な判断をすることは難しいでしょう。

 

経験を積めば積むほど、判断や処置が行いやすいということは言えます。

新人がリーダーをし判断に迷ったときには、他の看護師に状況を話して意見を聞いてみると良いですね。

 

知っているつもりでも、間違いがないつもりでも、先輩看護師に聞くことにより知識を広めたり深めたりすることができるでしょう。

日勤リーダーの仕事をすると、部分的にではなく病棟全体を見ることができるようになります。

「すべてのことを把握しておかなければならない」という責任感が、病棟全体を見る目も養ってくれるのでしょう。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

この記事を書いた人

マザーナース「キヨミ」

  • 取得資格:看護師、ケアマネージャー
  • 出身:富山県
  • 年齢:61歳
  • 看護師経験:呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系はほぼ全て

私は数十年の看護師経験を経て、60歳越えの現役ナースです。

私の看護師の経歴としては、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系はほぼ全て経験しています。

私の経験が、少しでも悩んでいる皆さんの励みになればと思います。

こちらもおすすめ

【マザーナース】

マザーナースは「看護師の仕事を何でも解説!」をテーマに制作しているWEBサイトです。現役看護師(マザーナース「キヨミ」)、転職エージェントOG、WEB担当3名による編集チームです。

運営者情報 | マザーナースとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる